ウルトラセルQプラス(ハイフ/HIFU)

ウルトラセルQプラス

切らないリフトアップ!ウルトラセルQプラスとは

ウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラス(ULTRAcel Q+)は、肌のリフトアップやたるみ・しわのケアをサポートする施術メニューです。ハイフ(HIFU)(高密度焦点式超音波)と呼ばれる技術を使用したマシンにより、機器カートリッジ部分から施術したい箇所へ超音波を照射します。

ハイフ(HIFU)のカートリッジは4種類が用意されており、施術部位に応じて切り替えが可能です。カートリッジを切り替えることで、超音波が持つエネルギーを、皮膚の表層付近から深層であるSMAS筋膜まで届けることもできます。

ウルトラセルQプラスは切らない施術であるため、体に大きな負担はかけません。

■ウルトラセルQプラスの概要

施術時間 約10~15分
痛み 少ない
※個人差がございます
メイク・入浴 メイクは施術直後から可能
入浴は施術当日から可能
リスク まれに赤み・腫れ・熱感が伴う
施術後の通院 なし
持続性 約6ヵ月
  • ウルトラセルQプラスは、日本国内における薬機法上の承認を得た機器ではありません。
  • 日本国内において、同一の性能を有する審美目的の承認機はありません。
  • ウルトラセルQプラスは、韓国のMFDS(旧KFDA)、ヨーロッパのCEマークの認証を取得しております。

ウルトラセルQプラスは施術による痛みが少なく、施術前に麻酔を行う必要がありません。施術時間やダウンタイムも短く済むため、以下のような方におすすめです。

ウルトラセルQプラスがおすすめの方

ウルトラセルQプラス
  • 切る手術なしでリフトアップを目指したい方
  • 肌のたるみやしわを目立たなくしたい方
  • 施術後すぐにメイクをする用事がある方

たるみやしわをケアし、リフトアップを目指したいと考えている方は、ぜひウルトラセルQプラスの施術をお試しください。

ハイフ(HIFU)(高密度焦点式超音波)とは

ハイフ(HIFU)(高密度焦点式超音波)とは、「High Intensity Focused Ultrasound」の略称である「HIFU」を指す言葉です。もともとは医療現場での治療に使われている技術であり、体内にあるターゲットへ超音波を当てられるため、美容医療業界でも使われるようになりました。

ハイフ(HIFU)の特徴は、目標とする部位にピンポイントで高密度の超音波を当てられることです。照射範囲を絞りやすいため、デリケートな施術が必要となる目元や口周りにも使えます。ピンポイントの照射範囲と高密度の超音波により、表皮よりも奥の部位までしっかりエネルギーを伝えることが可能です。

ハイフ(HIFU)によって届けられた超音波は、照射部位に熱エネルギーを与えます。熱エネルギーによる効果は中長期的に持続するため、施術は定期的に行うだけで十分です。

従来の治療器とHIFUの比較

SMAS筋膜とは

皮膚の構造を簡単に説明すると、皮膚表面から表皮・真皮層・皮下脂肪層・SMAS筋膜・筋肉層の順で構成されています。
SMAS筋膜は、真皮より下にある皮下組織の中でも、皮下脂肪層と筋肉層の間に位置する薄い膜です。

SMAS筋膜はコラーゲンでできており、老化などによって衰えてしまうと、しわ・たるみの原因のひとつとなります。そのため、リフトアップやしわ・たるみのケアを考える場合は、SMAS筋膜までしっかりアプローチすることが重要です。

ウルトラセルQプラスの超音波は、SMAS筋膜にも届いて熱エネルギーを与えます。SMAS筋膜を構成しているコラーゲンに働きかけられることが、ウルトラセルQプラスによってリフトアップやしわ・たるみのケアをサポートできる理由です。

ウルトラセルQプラスの特徴

ウルトラセルQプラスには、4つの魅力的な特徴があります。

施術直後に効果を感じやすく、かつ持続性がある

①施術直後に効果を感じやすく、かつ持続性がある

ウルトラセルQプラスは、ピンポイントで超音波を伝えることで、照射部位に効率よく熱エネルギーを届けられます。そのため、施術直後であっても効果を感じやすいことが特徴です。熱エネルギーによる効果は中長期的に持続し、施術してから2~3ヵ月後に最も効果を感じやすくなります。
※効果には個人差があるため、確実な効果を保証するものではありません。

施術時間が短い

②施術時間が短い

ウルトラセルQプラスは1ショットの照射スピードが早く、施術時間を約10~15分と短く済ますことができます。お仕事や家事・育児に時間を取られて美容施術を受けることが難しい方でも、短時間で終わるウルトラセルQプラスであれば比較的受けやすいでしょう。

痛みが少ない

③痛みが少ない

1ショットあたりの照射スピードが早く、痛みが少ないことも大きな特徴です。施術時間が短く済むため、痛みに弱い女性でも受けやすい施術メニューとなっています。施術時における痛みの感じ方には個人差があるものの、カートリッジから照射した際にわずかな痛み・熱感が生じる程度です。

ダウンタイムがほぼない

④ダウンタイムがほぼない

ウルトラセルQプラスは目的部位に素早く熱エネルギーを届けられるため、肌表面に大きな負担をかけず、ダウンタイムがほぼありません。まれに腫れや赤みが出るケースもありますが、多くの方が施術後にメイクをしてから帰宅できます。施術後にすっぴんで過ごす時間を作りたくない方にもおすすめです。

新カートリッジ「リニア4.5」について

コムロ美容外科では、ウルトラセルQプラスの新しいカートリッジ「リニア4.5」を導入しています。
リニア4.5は、たるみの目立つ箇所に適しているカートリッジであり、以下のような特徴があります。

①高出力で広範囲にわたり照射できる

リニア4.5は、超音波の熱エネルギーを高出力かつ広範囲にわたり照射できます。照射した熱エネルギーが脂肪細胞壁にダメージを与えると、脂肪細胞のアポトーシス(細胞の自然死)が起こる効果が期待できます。

②1ショットにかかる時間は約0.7秒で、施術時間が短い

ウルトラセルQプラスのリニア4.5では、超音波を線状(連続)に照射します。1ショットにかかる時間は約0.7秒であるため、施術時間が短く済むことが特徴です。顔全体に平均ショット数である400ショットを行っても、施術は約5分で完了します。

③熱エネルギーを届けるため痛みがほとんどない

リニア4.5が照射する熱エネルギーの温度は、約58度と低めの設定です。脂肪細胞膜に的確にダメージを与えることが目的であるため、他部位に与える影響は小さく、痛みはほとんどありません。

リニア4.5が対応できるお悩み

  • 二重あごを解消したい
  • 頬のたるみを引き締めたい
  • 小顔効果を期待したい

リニア4.5は、広範囲に脂肪細胞が多く存在している「あご」「頬」といった部位に適しています。

ウルトラセルQプラスで施術できる部位

ウルトラセルQプラスで施術できる部位は、顔全体から首にかけてまでです。
基本的には、さまざまなご要望に対応することができます。

ウルトラセルQプラスで施術できる部位

施術できる部位
  • 目じりのしわ
  • ゴルゴライン
  • ほうれい線
  • あご
  • フェイスライン
  • 首のしわ
  • 毛穴

また、上記以外の部位についても、ウルトラセルQプラスで施術できる可能性があります。細かな部位も施術できるかどうかは、カウンセリング時にお気軽にご相談ください。

ウルトラセルQプラスの施術に伴うリスク

ウルトラセルQプラスの施術には、多少のリスクや副作用があります。
生じうるリスクと適切な対処方法については、以下の通りです。

●ウルトラセルQプラスのリスク

ウルトラセルQプラスの施術後は、まれに赤み・腫れ・かさぶた・打撲痛のような痛みが施術部位に生じる場合があります。しかし、これらの症状は通常2~3日で軽減が見られる一時的な反応です。皮膚表面に熱傷や水ぶくれが生じた場合は、当院までご相談ください。

●施術後に赤み・腫れなどの症状が残る場合

施術から1週間以上経過しても症状が残る場合は、ただちに当院にご来院ください。ドクターの診断に従い、薬剤の塗布など適切な処置を受けてください。

ウルトラセルQプラスの施術後の注意点

ウルトラセルQプラスの施術後における5つの注意点は、以下の通りです。

  • シャワー・入浴
    シャワーや入浴は施術後の当日から利用できます。
    ただし、熱いお風呂やサウナなど激しい発汗を伴う入浴は避けてください。
  • 激しい運動や飲酒
    発汗作用を避けるために、施術当日は激しい運動やアルコール分の摂取を控えてください。
  • 洗顔
    施術当日中の洗顔は皮膚を刺激しないよう、ぬるま湯で優しく洗ってください。
  • メイク・クレンジング
    施術当日中のメイクは可能ですが、クレンジングの際にコットンなどで肌を強くこすることは避けてください。
  • 紫外線対策
    施術後の皮膚はデリケートな状態になっているため、紫外線の影響を避ける対策を行ってください。

ウルトラセルQプラスの施術の流れ

コムロ美容外科でウルトラセルQプラスの施術を受ける流れは、以下の通りです。

問い合わせ・予約

①問い合わせ・予約

コムロ美容外科は、完全予約制のクリニックです。来院の前に、まずは電話やメールで問い合わせ・予約を行ってください。フリーダイヤルのほかに、WEBページから問い合わせ・予約できるサービスが整っています。お悩みのある箇所や来院希望日について簡単に質問させていただくため、あらかじめ回答を用意されるとスムーズです。

カウンセリング・診察

②カウンセリング・診察

予約日に来院して、専門のドクターによるカウンセリング・診察を受けます。しわ・たるみなど、気になる肌のお悩みを伝えてください。ドクターがお悩みに沿って診察を行い、適した施術方法を説明します。ウルトラセルQプラスを希望する場合は、ドクターにその旨を伝えてください。

クレンジング・洗顔

③クレンジング・洗顔

ウルトラセルQプラスの施術を受けるときは、クレンジング・洗顔を行って顔を清潔な状態にします。クレンジングでメイクを落とし、洗顔により皮脂・汚れを除去して、施術準備は完了です。

施術

④施術

施術箇所にジェルを塗布し、ウルトラセルQプラスを照射します。施術時間は施術内容ごとに異なりますが、顔全体の施術であれば約10~15分です。

完了

⑤完了

ウルトラセルQプラスの照射が終わったら、ジェルを拭き取って施術完了です。施術箇所が顔の場合は洗顔します。ウルトラセルQプラスはダウンタイムがほぼないものの、気になることがある場合は担当のドクターに相談してください。

施術後には、施術当日の過ごし方やアフターケア方法などを説明します。施術後すぐにメイクできるため、メイクや紫外線ケアを行った上でご帰宅ください。

ウルトラセルQプラスの料金

ウルトラセルQプラスは、照射部位によって料金が変わります。
下記に示す以外の箇所の施術料金については、お気軽にお問い合わせください。

顔全体 88,000円
顔全体+あご下 104,500円78,000円
顔全体+あご下+首 121,000円
顔全体+HIFUシャワー
※小じわ改善
33,000円

よくある質問(Q&A)

ウルトラセルQプラスの施術に関するよくある質問に、Q&A方式で回答します。
下記以外で不明点や疑問点があれば、お電話やメールフォームからお問い合わせください。

顔全体に照射する場合、一回の施術にどれくらいの時間を要しますか?
顔全体を施術する場合は平均400ショットの照射が必要となり、照射時間は約10分です。ただし、施術前のカウンセリングやクレンジング・洗顔、施術後の洗顔などにも時間はかかります。細かな施術内容の違いなどにより施術時間は個人差があるため、詳しくは担当のドクターにお尋ねください。
痛みはどれくらいありますか?
ウルトラセルQプラスは1ショットあたりの照射時間が短いため、痛みを抑えた施術が可能です。痛みの感じ方は個人差があるものの、ほとんどの方が麻酔なしで施術を行っています。痛みが心配な方は、担当のドクターに麻酔について相談してください。
効果はいつから感じられますか?
多くの方が、ウルトラセルQプラスの効果を施術直後から感じています。効果は2~3ヵ月後に最も感じやすくなり、感じられなくなる目安は約半年です。ただし、効果の発現性や持続性には個人差があるため、確実な効果は保証いたしかねます。
効果を維持させるためにはどうしたらいいですか?
施術による効果は約半年で感じられなくなるため、6ヵ月に1回のペースで施術を受けることをおすすめします。継続的に施術を受けることで、効果を維持しやすくなります。
日焼けをしていても施術は可能ですか?
日焼けした肌でも問題はないものの、日焼け直後の肌は熱を持っていることから、トラブル回避のために施術をお断りする場合があります。基本的には、肌の日焼けが落ち着いてからの施術をおすすめしています。日焼けで施術が不安な方は、一度ご相談ください。
施術後、日常生活に支障はありますか?
施術後はとくに支障なく、普段通りの生活を過ごせます。まれに施術箇所が熱をもったり、赤み・腫れが生じたりする可能性がありますが、これらは2~3日程度で終わる一時的な反応です。施術後の赤み・腫れなどが長引く場合は、ご相談ください。
ウルトラセルQプラスを受けられない方はいますか?
妊娠している方、肌がとても敏感で刺激に弱い方、施術箇所の肌質に問題が認められる方などは、安全性を考えて施術をお断りする可能性があります。ただし、状態によっては施術できることもありますので、まずは一度カウンセリングを受けてみてください。