症例紹介

輪郭形成術 下顎骨切り 20代女性

みどりさん / 20代 / 女性

BEFORE

AFTER

施術の解説

30代女性の顎骨切り(下顎骨水平骨切り)症例になります。 顎をできるだけ短くしたいとの希望で右6.5㎜ 左7㎜幅で切除行っています。術後はおとがい先端のたるみ、腫れ改善目的に数回ケナコルト注射、アルフォコリン注射を行っていますが、半年後の術後写真ではたるみも大幅に改善しています。

施術のリスク・副作用

手術にあたって、おとがい神経の損傷、出血量が多くなる可能性があります。
手術後は、痛み・痺れ感、下あごのたるみ・腫れ・浮腫み・内出血が生じます。
また、ツッパリ感が出た場合には、内服、注射等の治療を行う場合があります。

施術の総額費用

880,000円(税込)
  • ※ 費用は一例であり、モニター価格などの適用、麻酔の有無、使用する器具や施術方法に因り費用が異なる場合がございます。
  • ※ この患者様の費用は施術当時の金額になります。実際の費用はクリニックへお問い合わせください。

このメニューを利用