美容コラム

大阪で豊胸手術を安心して受けたい方必見!女性のお悩みあれこれ

女性にとって、胸は大切な部分です。大きくて柔らかく、ハリのあるバストに憧れる方も多いはずです。しかし胸が小さかったり硬かったり、ハリがなかったり…。さらには、左右のバランスが非対称だとか、胸が垂れている、もしくは大きすぎるなど、人によって異なる「胸に対する悩み」というのは尽きません。

「胸に対する悩み」あれこれ

①胸が大きすぎる

大阪で豊胸手術を安心して受けたい方必見!女性のお悩みあれこれ貧乳の方からは贅沢だと言われる「胸が大きすぎる」という悩み。実は胸の大きな方も大きいなりに悩みはあるもので、大きな胸のせいで肩こりがひどくなったり、走ると揺れて痛みを感じてしまったり、夏は胸下に汗をかくせいで荒れてしまうことも…。そして最もやっかいなのが、サイズの合うブラジャーの在庫が少ないことです。
また、ピチピチの服やななめがけのバッグなんかでは大きな胸がさらに強調されます。男性は巨乳好きが多いと言いますが、注目をあびたくないのにも関わらず、大きな胸のせいで注目をあびてしまうのは嫌なものです。

②胸の形が気になる

次に多いのが「胸の形」です。垂れていたり、離れていたり、さらに左右非対称など人によっても胸の形は異なりますが、誰もが望む理想の形と言えば、上向きでハリのあるバストですよね。
たとえサイズが大きくても形が整っていなければそれだけでも立派なコンプレックスの原因になります。また、今では胸の形を整えるバストアップアイテムなどが販売されていますが、そのすべてが自分に合ったものだとは限りませんし、だからといってすべてのアイテムを試してみるのも無理がありますよね。

③胸が小さい

女性の胸のコンプレックスで最も多いのはやっぱり「貧乳」。胸が小さいと胸元の空いた服を着ても谷間が見えなく、上半身が少し貧相に見えてしまいます。その点、寄せているつもりが無くても勝手に谷間が出来て、どんな服でもセクシーに着こなしてしまうような、胸の大きな女性は同性から見ても憧れるもの。
大きな胸だけが女性らしさじゃない!と言ってくれる人がこの世界中にどこかには居るというのは分かっていても、胸の大きさで女性として自信を持てるのであれば、誰もが巨乳に魅力を感じますよね。
このように、胸の小さい大きいに関わらず、ほとんどの方が自分の胸にコンプレックスを抱えていますが、やっぱり胸を大きくしたいという女性は半数以上で、中には豊胸手術を受けている方もたくさんいらっしゃいます。

女性の憧れ!豊胸術の3つの方法とそのメリットデメリット

豊胸術の主な3つの方法

女性の憧れ!豊胸術の3つの方法とそのメリットデメリット大阪のクリニックが行っている豊胸術の中には主に、①メスを使わない豊胸術のアクアリフトと、②自分の脂肪を注入する脂肪注入法、そして③豊胸バッグを使用する人工乳腺法という3つの種類があります。

アクアリフト
アクアリフトは、胸のサイズの悩みはあるけど大掛かりな手術をするほど時間がとれない、または失敗が怖くてなかなか踏み出せないという方におすすめの豊胸術です。
体内に注入しても安心・安全の成分が入ったアクアリフトを、胸の気になる部分に注入することで理想のバストの形や大きさに近づけることが可能です。また、柔らかい性質なので自然な柔らかさを実現する事も出来ます。効果の持続期間も3年~5年と長く、万が一アクアリフトを取り出したいとなっても簡単に分解して排出出来るところも特徴的です。

脂肪注入法
自身の体で気になる部分の脂肪を吸引し、さらにその脂肪をバストに注入するという豊胸術で、人工物を体内に入れることに対して抵抗のある方にはおすすめです。さらに気になる余分な脂肪をバストに有効活用が出来るので、まさに一石二鳥です。
従来の脂肪注入法では、しこりになってしまう問題と脂肪の残存率の安定性の低さが欠点にありましたが、大阪では研究の結果から導かれた最新の注入法を取り入れ、欠点をしっかり改善し続けているクリニックがたくさんあります。

人工乳腺法
豊胸術と言えば「シリコンバッグ」というイメージをお持ちの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、人工乳腺法はこれらの豊胸バッグを使用する豊胸術です。
ただ、人工乳腺法とひとくちに言っても、使用する豊胸バッグや手術方法は人によっても異なります。大阪のクリニックでは、術前のカウンセリングで希望のサイズや患者の体型をしっかりと聞き、適切な豊胸バッグのサイズを選んでおり、さらに稀にある「手術後の不満」を取り除くために、術中にミラーチェックを行いながら、医師とともにバッグのサイズや形状を決められるところもあります。

それぞれのメリット・デメリット

アクアリフトは手軽かつ自然なバストアップが期待でき、プチ整形の感覚で行える豊胸術として人気です。他の豊胸術に比べても安く行えるところがポイントで術法も注射のみなので傷跡やダウンタイムも最小限に抑えることが出来る点がメリットとして挙げられますが、体内にもともと存在する性質を使用しているので、徐々に体内に吸収されていくというデメリットもあります。そして医師の腕によれば、稀にしこりになってしまうケースもあります。

脂肪注入はとにかく自然で、触っても全くバレないという点が人気です。気になる部分の脂肪を減らせられるうえに、バストアップも出来るという点は大きなメリットです。しかし、脂肪吸引した部分の痛みや腫れが続くことが多いことや、術後も何度か通院しなければならないこと、さらに体内に吸収されてしまうことがデメリットとして挙げられます。

そして人工乳腺法は他の豊胸術と比べて確実な効果を感じられることが最ものメリットです。それも一度に2~3カップ以上のバストアップが可能で、体内に吸収されることもない点も大きな魅力です。しかし、寝転んだ際の不自然さや触った時の違和感などもあり、最もバレやすい豊胸術というところがデメリットです。また、人によっては半年程度痛みが続くことがあります。

胸の悩みは十人十色。どの豊胸術が自分に向いているのかというのは、それぞれのこだわりによっても異なります。自分に合った豊胸術をしっかり提案してくれて、信頼できるクリニックを探すことが望まれます。
大阪には、信頼出来ると評判のクリニックが豊富にありますので、徹底的にカウンセリングを行うことをおすすめします。