美容コラム

二重整形ならオススメは大阪の美容外科!知っておきたい2つの種類!

「人は顔じゃない」と言うけれど、やっぱり美人や可愛い子はどこか優遇されている気がする世の中。若い女性まで小綺麗に化粧をするようになった今、日本人の多くは「二重になりたい!」と悩み続けています。
まだまだ整形に対して賛否両論はありますが、最も多くの方に見られる顔の部分、コンプレックスとなり自信をいつまでも持てない女性は増えているんです。

どうして二重まぶたになれないの?

さまざまある「まぶたの悩み」

二重整形ならオススメは大阪の美容外科!知っておきたい2つの種類!綺麗な二重に憧れる女性の多くは、いわゆる一重まぶたや奥ぶたえの方ですよね。一重まぶたは目が腫れぼったく見えてしまうことが多く、化粧がやっかいです。二重まぶたにする化粧品もありますが、自然な二重にはならないほかよれてしまうと二重が取れてしまったり、アイシャドウが綺麗に映えなかったりと、何かと面倒なことがたくさんあります。
また、一重の方からすると「奥ぶたえでも線があるからいいじゃん!」と思う方もいますが、奥ぶたえももともとの線が邪魔をして二重を上手く作れない…なんていう奥ぶたえ特有の悩みもあります。
さらに二重のりなどの化粧品を使用しているとさらにまぶたが伸びてしまったり、場合によっては荒れるなんてことも。そうなれば、さらに自分に自信を無くしてしまうことは当然ですよね。

二重まぶたさんにも悩みはある

そして実は、自分の二重に対してコンプレックスを持っているという二重まぶたさんもいます。幅が広すぎてすっぴんの時はいつも「眠たいの?」と聞かれてしまう方や、目の調子によっては三重になってしまう方など。中でも最も多いのが、「二重幅の左右非対称」です。もちろん、人間の顔は左右対称ではありませんが、あまりにも左右差があるとやっぱり気になってしまうものです。

二重は顔の印象を決める大切な部分

まぶたはざっくり言うと、フェイスパーツの中にある「目もとの部分」になるので、あまり二重まぶたという部分を気にしていない男性などからは「二重くらいどうでもいい」と思われがちです。しかし、女性にとって目もとは印象を決める大切な部分になります。
二重の線があるかないかというだけの話では無く、その線があることで印象が変わった自分に自信が持てるし、メイクのレパートリーも増えて毎日の化粧が楽しくなるんです。
だからこそ多くの女性が二重整形という選択をしています。美容外科で行われているそんな二重整形には主に、メスを使用する手術と、メスを使用しないプチ整形の2種類があります。

知っておきたい二重整形の2つの種類

①メスを使用して綺麗な二重を手に入れられる切開法

知っておきたい二重整形の2つの種類
切開法はメスを使用する施術なので、しっかりとした二重まぶたが実現出来ます。一重や奥ぶたえの方に限らず、もっと二重の線を濃くしたい!という方にも選ばれている人気の二重整形術です。
また、ほぼ永久的な二重が期待出来るところもメリットとして挙げられますが、逆を言えばイメージしていた二重の線と異なった場合、元に戻すのが難しいという点もデメリットとして挙げられます。
さらにメスを使用した本格的な手術になるため、料金もやや高額で、術後の腫れや痛みも強く、1ヶ月ほどのダウンタイムを要する場合があります。なので絶対に周囲の人にバレたくない!という方であれば、仕事や学校を長期的に休まなければなりません。
しかし切開法とひとくちに言っても、大阪の数ある美容外科によってはさまざまな術法を用いていることがあります。自分に合った切開法を知るには、さまざまな美容外科が行っている切開法を調べるのも一つの手と言えるでしょう。

②気軽に行えるプチ整形として人気の埋没法

そして最近、若い女性も行っている人気の二重整形が埋没法です。埋没法はメスを使用せずに糸を使用して二重まぶたにするという施術法で、二点止めや三点止め、さらに四点止めなど糸の本数によって選べるというのが一般的です。料金が比較的リーズナブルなこと、ダウンタイムが短いことなどがメリットとして挙げられます。その他にも、永久的では無いからこそやり直すことが可能な点も魅力で、安心出来るという点も注目を集めている理由です。
この埋没法についても大阪の美容外科ではさまざまな術法を取り入れており、髪の毛よりも細く、かつ丈夫な糸を使用している美容外科もあります。細くて丈夫な糸であればあるほどダウンタイムの期間も短くなる傾向で、約1週間で腫れが引く方もいらっしゃるほどですが、やはりその分埋没法としては料金が高くなります。
そして埋没法は切開法よりも希望の二重まぶたを実現出来る可能性が低く、まぶたが非常に腫れぼったい方であれば二重がすぐ取れてしまったり、脂肪吸引をしなければ綺麗な二重を作れないというケースもあります。

どちらも必ず希望の二重に出来る訳では無い

そしてよく間違われがちなのが、美容外科で行う二重整形は必ず理想の二重になる!という事です。人それぞれによって、女優さんや芸能人の方のような二重になりたいという理想の形はありますが、そもそも目の周りの形や脂肪の量が異なりますので、必ず思い描いていた二重になるという訳ではありません。
しっかりメスを使用する切開法だから必ず並行二重になれるという訳でもありません。と言うのも、日本人の目には欧米人には無い蒙古ヒダと呼ばれるものがあり、これがしっかり目頭から始まる並行二重の邪魔をしてしまっているのです。
また、埋没法でもいつも二重のりで作っているような二重が出来るという訳でもありません。二重のりはまぶたとまぶたをくっつけているだけであり、埋没法の施術は糸を留めて二重を作る二重なので、脂肪が多ければ濃い二重の線が綺麗につくとは限りません。
どうしても理想の目になりたい!と思えば二重整形だけでなく、「一重まぶたや奥ぶたえになっている原因は何なのか」というところから根本的に改善する必要があることを忘れないでおきましょう。

大阪の美容外科ではほとんどが二重整形を行っていますが、そんな大阪だからこそどうしても美容外科を選ぶときは「料金の安さ」に重点を置いてしまう方が多いです。
もちろん、リーズナブルな価格で安心でき、さらに結果に大満足出来る美容外科であることが最も重要ですが、大阪で美容外科を選ぶ際は料金の安さのみにこだわらず、さまざまなところでカウンセリングを受ける事をおすすめします。
本当に良いお医者さんであれば、親身になって話を聞き、一人ひとりに合った二重整形をしっかり提案します。そんな信頼できる美容外科をしっかりと選んでください。