目元パッチリ プチ整形・二重埋没・切開法など上まぶたの整形手術のことは心斎橋コムロ美容外科クリニックへ

06-6700-1112 受付時間:13:00~17:00 日曜・祝日休診 オンライン予約

目元・二重まぶた・目元のたるみ

眼は顔全体のイメージを決定づける、一番重要なパーツです。目の印象でお悩みの方は、二重の美容整形で、二重の幅、形、腫れぼったさの改善を行うだけで、印象は全く変わってきます。とはいっても理想の二重は、人によって千差万別ですから、ドクターの理想と患者様の理想にずれがあることも珍しくありません。
当院では、患者様の二重の幅や形などのご要望をお聞きして、最適な手術方法で希望のお二重に限りなく近い、ダウンタイムや痛みの少ない二重整形の手術を行っています。

上まぶたの手術

埋没法(クイック法)

埋没法はこういった方に向いています。

  • 初めて二重の手術を行う方
  • 高校生以下の学生の方
  • 周囲にばれるのが怖い方
  • アイプチでラインが付きかけている方

埋没法とは、数ある二重整形の手術のなかでも、医療用の細い糸で二重を作る、もっとも簡単にできる手術方法です。切開法に比べ腫れや内出血をあまり気にせずに手術を行うことができ、患者様の瞼のたるみや厚みがあまりなく、二重幅を欲張らなければ、数年単位でくせの維持が可能です。
埋没法は、術後の通院の必要はなく、いざとなれば元に戻せるのですが、糸の本数、掛け方、結ぶ強さ等、手術するドクターの技術次第で、腫れの程度や内出血の有無、手術の際の痛みなど、仕上がりが大きく違ってくる手術方法でもあります。
大阪 心斎橋にある心斎橋コムロ美容外科では、できるだけ腫れずに、手術の際の痛みを少なく、二重のくせが取れにくい手術を心がけています。

心斎橋コムロの埋没はとれにくい! 4点固定
美容医療の口コミ広場
当院の二重整形手術、埋没法は、
片方につき糸2本ずつ使い、4か所に針穴ができる4点固定で行っています。糸を片側につき2本使うので、もし片方が切れたり、緩んだりしても二重が取れないといったメリットがあります。
また、当院の埋没法は、他院の埋没法にくらべて抜去しやすい糸のかけ方になっていますので、万が一の際、安心です。
(糸の抜去がしにくい、もしくは、無理な埋没法を行っているクリニックもあります。)
埋没法の固定方法

埋没法の 瞼板法 or 挙筋法、挙筋瞼膜法

埋没法とは、裏側と表側を糸でループ状に固定し、二重のくせを作る方法ですが、瞼の裏側のどの組織に糸をかけるかで分類されます。瞼板法、挙筋法そしてその中間的な挙筋瞼膜法の種類に分類されます。
当院では、基本的に瞼板法で行い、二重の御希望幅が広い場合や、くぼみ目がきつい場合には、挙筋瞼膜法や挙筋法で行っています。

瞼板法の方が、腫れが引きやすくダウンタイムが短い特徴があります。半面埋没法の糸が緩みやすいため糸を結ぶ際、細心の注意が必要です。それに対し挙筋法のメリットとして、眼瞼下垂に対しての改善効果を挙げるクリニックもありますが、挙筋法は埋没法の糸の締め付けのせいで腫れが引きにくいというデメリットがあります。挙筋瞼膜法はその中間の性質があり、幅の広い二重をご希望の場合にはできるだけ挙筋瞼膜法で行っています。
埋没法のトラブルは?

埋没法とは、ナイロンの糸を埋め込むことで二重のくせ付けを行いますが、異物反応や糸の緩みのせいで露出する場合があります。瞼の裏側、瞼板側から露出すると、角膜を傷つける可能性があり、表側から露出すると感染の原因になります。
当院では手術終了時に瞼の裏側のチェックを行い、埋没糸がその時点で露出していないかを調べています。手術終了時に露出していなければ、万が一埋没糸が切れても瞼板側に出てくることはありません。
手術後のゴロゴロ感は大多数の患者様が感じられますが、強い痛みや目を開けれないという症状でなければ、埋没糸が露出している可能性は非常に低いです。

動画でチェック! 心斎橋コムロの埋没法: とれにくい4点固定法の施術動画

4点固定の心斎橋コムロ美容外科の埋没法

心斎橋コムロ美容外科の埋没法について、
実際の手術シーンを動画で確認いただけます。
「百聞は一見にしかず」
どうやってやるかを事前にチェックしたいという方はご覧になってみてください。
※苦手な方はご遠慮されてください。

当院の埋没法の際の麻酔の特徴
埋没法の際には、点眼麻酔+局所麻酔を行いますが、局所麻酔の注射の痛みに対して恐怖心がある場合には、笑気ガスもしくは、吸入麻酔の併用が可能です。(別途料金がかかります)
笑気麻酔はお酒を飲んだ時のような高揚感と不安や痛みを抑える効果があります。吸入麻酔と違い寝てしまうことはありませんが、注射の痛みを我慢できる程度まで抑えることが可能です。笑気麻酔は、経鼻カニューラを使って手術終了時まで行います。麻酔前の絶飲食が不要です。
吸入麻酔は笑気麻酔と違い、完全に寝てしまったうえで痛みを感じないようにする麻酔です。
マスクから吸入麻酔を吸っていただき、意識と痛みを除いたうえで、局所麻酔注射を行います。 手術中、笑気麻酔を使うことも可能です。痛みへの恐怖心の程度に合わせて麻酔を使い分けています。
*吸入麻酔の場合には、事前の食事制限が必要です。
他の二重手術との違い

二重の手術方法が数種類あるのは、それぞれの手術にメリット、デメリットがあるからです。埋没法と比較されることの多い、他の手術との違いを簡単に記載します。

◆埋没法と小切開法の違い

二重ラインの真ん中あたりを7~10mm程度切開し、取れにくい二重を作る方法です。
皮下脂肪が厚い方にお勧めする手術です。小切開法は、抜糸が必要でダウンタイムが少し長いですが、埋没法を数回行ってもラインがつかない方には、こちらをお勧めします。 ⇒くわしくはこちら

◆埋没法とマイクロカット法の違い

埋没法と同じく、メスを入れたくない方にお勧めする手術方法です。
上眼瞼、特に目尻側が腫れぼったい方は、脱脂を行うことで、瞼がすっきりし、二重が取れにくくなります。
脱脂を行いますが、埋没法と同じく抜糸に来ていただく必要はありません。
上眼瞼がくぼんでいる方は、脂肪をとれないので、マイクロカット法はできません。 ⇒くわしくはこちら

施術の流れ

◆デザイン

ブジーを使って上眼瞼を押さえ希望ラインを探します。油性マーカーで印をつけた後、再度ブジーを使ってシュミレーションを行い、二重幅に間違いがないか確認していただきます。

◆麻酔

点眼麻酔後、瞼の表裏に局所麻酔の注射をします。あまり痛くはありませんが、痛みに弱い方、恐怖心がある方は、吸入麻酔、もしくは、笑気麻酔の併用が可能です。

◆手術

瞼の裏側から糸を通していきます。通常は、瞼板法、4点固定、左右埋没糸は、各2本ずつで行います。手術時間は20分程度です。直後から、麻酔のむくみのため、完成状態に比べ少し広くなっています。腫れが早く引かせるために、クーリングをこまめに行い、当日はアルコールを控えてください。

術後経過と注意点

手術に伴う腫れは、埋没法の場合、一週間程度て引いてきますが、早く引かせるためには、

 1.クーリングをしっかり行う
 2.手術当日は、内出血の原因になる入浴、アルコールの摂取を避ける
 3.手術後数日は、就寝前の水分摂取を少し控える、マクラを高くする

等を行ってください。
ご希望の方には、腫れや、内出血を改善させる漢方薬をご用意しています。

埋没法についてのQ&A
埋没法の糸はずっと残っていても問題ありませんか?
埋没法で使う糸は、青いナイロン製の糸でアレルギーを起こさない、溶けない糸です。溶ける糸、吸収糸を使用すると、数週間で二重ラインが取れてしまったり、埋没糸抜去ができないため手術前の瞼に戻せなくなるので、どのクリニックでも溶ける糸は使用していないと思います。
埋没法で、良い糸が出たと聞きました。
残念ながら、画期的な糸はなく、今後も出ることはないと考えています。埋没法で使う糸を、溶ける糸、糸の太さへの変更が考えられますが、溶ける糸は、前のQ&Aで説明した通りメリットはありません。糸を細くすると、結び目が目立ちにくくなりますが、より糸が食い込みやすくなるため、結果的に二重が取れやすくなると思います。
埋没法の糸を抜くことはできますか?
当院の埋没法の場合、あまり糸が食い込まないので抜去は可能です。まぶたの表側、結び目の真上の部分を2mmくらいの傷を作り、糸を切って抜去します。しかしながら、手術後1年くらい経過すると糸が脱色して無色透明になりますので探しにくくなってきます。
手術後、瞼にゴロゴロ感があります。大丈夫でしょうか?
当院の埋没法は、できるだけ結膜側に糸が出ないようにしていますが、糸をかけた部分が少し凹んだ状態になるため、ゴロゴロ感を感じることがあります。その場合には、時間とともに改善するので、しばらく様子を見てください。
しかしながら、極まれに目がチクチク感が強く、目を開けずらいといった場合あります。その場合、瞼の裏側から糸が出ていて、角膜に触れている可能性があります。そのような場合には、手術を受けたクリニックで、早めに診察してもらってください。
埋没法についてのQ&A 美容医療の口コミ広場のご質問に院長が回答した内容です。

ぷっくりとした食い込みが二年経っても強いまま

約2年前に 二重整形の全切開法をしたのですが未だに 食い込みが強いです。
2年も経つのに。です。
自然に見えるように 幅は 狭めにしてもらい、幅自体は 納得なのですが食い込みが強く、ぷっくり状態です。 元々 脂肪が多い目でした。
皮膚も厚いから ぷっくりとなるのでしょうか。
改善は また切開して 癒着を緩めるしか方法は ないのでしょうか。
ぷっくり部分の 脂肪などを 吸引するなどは出来ないのでしょうか。
自然に シワのようになりたいです。お願い致します。
(大阪府 20代 女性)
全切開法後の食い込みが気になるとのことですが、確かに瞼が厚ぼったかったり、二重幅が広いと傷跡の食い込みが強くなることがあります。
お悩みに関してですが、食い込みを完全に消すことはできないのですが、浅くすることは可能です。
食い込みを浅くする方法としては、
1.傷からまつ毛側のたるみと皮下組織を追加切除することで瞼の厚みを薄くし、相対的に傷の食い込みを浅くする。
2.傷の癒着が強い場合には、周囲の皮下組織を陥没部に充填し癒着を緩くする
の2つがあります。
瞼の皮下脂肪は脂肪吸引できないため、代わり余剰組織を切除必要があります。
手術方法としては再度、全切開法を行う必要があります。

二重幅を狭く、ぷっくりを治したい

3年ほど前に、眼瞼下垂の手術を形成外科で受けました。
わたしはもともと、右目の開きが悪く、うっすら二重の線はあるものの、一重の眠そうな目でした。
左目は元々二重でした。
先生には右目だけ眼瞼下垂だが、両目やらないと二重幅が合わないといわれ両目受けましたが、予想外の広い二重幅になり、食い込みからか、二重の下がぷっくりとしていて黒目に覆いかぶさり、不自然な状態になってしまいました。
そして手術から半年ほどで元々二重だった左目が三重になってしまい、もっと幅の広い、重たく眠そうな目になってしまいました。今は毎日、アイプチをしています。
できることなら両眼とも幅の狭くて安定した二重になって今度こそ眠たい目から卒業したいです。
どうかよろしくお願いいたします。
(東京都 20代 女性)
改善方法ですが、全切開法での再手術が必要と考えます。前回の二重のラインで再度メスを入れ、まつ毛側の皮下組織と余剰皮膚を切除しふくらみを改善します。
三重瞼になっているということは、左の二重の癒着も緩んでいると思われますので、中縫いを数点追加することで二重のくせ付けを補強する必要があると思います。
上記手術の際、まつ毛よりの余剰皮膚を多めに切除することで、少しなら二重幅を狭くすることも可能です。

部分切開法後の傷の食い込みが気になります

2年前に、二重の部分切開をしてもらいました。
術後順調に腫れは引いていきましたが6ヶ月を過ぎても食い込みは治りませんでした。
現在術後2年と2カ月が経とうとしていますが、ほとんど変化しません。
伏し目や閉じた時の食い込みが日々気になり、一生このままなのかと悩んでいます。
そこで顔用の腫れにくい脂肪溶解注射というのを同じ見つけました。
脂肪溶解注射で、切開線下のぷっくりした部分が治り、食い込みは無くなると思いますか?
本当に悩んでいるので、他の方法があったら教えて頂きたいです。
(大阪府 20代女性)
全切開法を比べると部分切開法は、皮下組織を切除できる範囲が狭く、傷周囲だけがへこんで食い込んでいるように見えやすいですね。
手術で修正するなら、全切開法が適応になるでしょう。目頭、目尻側の皮下組織を追加切除して、相対的なくぼみの改善が可能です。必要あれば皮下組織の移植も考慮に入れます。
ちなみに瞼の皮下組織は純粋な脂肪はあまりなく、眼輪筋や繊維組織主体なので脂肪溶解注射では、あまり改善は期待できないと思います。
他院にて脂肪除去+埋没法を受けましたが、左側だけ脂肪除去に倍くらいの時間がかかり手術中の違和感がありました。
手術が終わった後で鏡を見ると、右目に比べて左の腫れと内出血が酷く、保冷剤で冷やしたりしていますが、左目の症状が全く落ち着きません。
右のラインも希望より大きくて気になりますが、左の瞼は半分しか開かずにいます。
このまま様子を見て、キレイになるでしょうか?
内出血が予想以上にひどかったということですが、必ず腫れは引いてきますのでお待ちください。おそらく眼窩脂肪周囲からの出血だと思いますが、今後予想される症状として、眼球結膜下出血、下眼瞼の内出血があります。腫れは3-4週間続くと思います。
瞼が開けにくいのは出血のせいですね。 青あざが改善するまでは開けにくい症状が続くことが多いです。
自分の場合、ひどい内出血の際には、内出血の分解に効果があるヒアルロニダーゼ注射(ヒアルロン酸溶解注射)を行っています。それ以外には、ヒルドイド軟膏や内出血を早めに吸収させる漢方薬を使います。
青あざはなかなか引かないので、早めに複数の治療を併せて始めることが多いです。
私は3か月前に切開をしたのですが、右目の食い込みが浅く、取れかかったような状態になっています。
担当医に一度相談したのですが、確かに浅いがもう少し様子を見るべきだとのことです。早く治したくて仕方がないので一度セカンドオピニオンをしようと思うのですが、内部処理がしっかりされているか、切開手術が正しく行われたかなどは他の医師が外見で瞼を見ただけでは分からないのでしょうか?
全切開法後3か月目で二重ラインが薄いとのことですが、他の先生の手術について、外観で上手、下手を判断することはできません。通常セカンドオピニオンは、今までの手術術式や、経過が記載された、前医からの紹介状がなければ何も言えません。
可能性が高いのは、皮下組織の切除不足や、埋没縫合の糸が緩んだとかでしょうか?どちらにしても、二重ラインが今後深くなることは考えにくいので、再度全切開法が必要と思います。

薬を服用していますが二重にしたいと思っています。

私はSLEで長年プレドニンを飲んでいます。症状はずっと落ち着いています。
去年、脳の血管に異常がみつかり、予防のためにプラビックスも飲み始めました。
二重の施術はぜひしたいのですができますか?
抗血小板薬であるブラビックスは、手術の前14日前には止める必要があります。
二重手術でも同様に、あらかじめ休薬の必要があるでしょう。
手術前後で休薬してもよいのか、手術直前まで短時間作用性抗凝固薬、抗血小板薬を使うべきのかは、主治医と相談してみてください。ちなみにステロイドは、手術前後は通常通り、内服すべきですね。

埋没糸抜糸後オロナインを塗っても大丈夫ですか?

埋没糸抜糸後についてのご相談なのですが…
1週間前と4日前に埋没糸の抜糸をしました。傷はふさがってると思うのですが、傷口の所がカサカサしている感じがあります。オロナインをぬっても大丈夫ですか?
結論から言うとあまりお勧めできません。
1.未開封ならともかく、開封後しばらくたつと雑菌が必ず混じります。感染のリスクがあります。
2.針孔に軟膏が入り込むと、傷がふさがらない可能性があります。上眼瞼は感染しにくいので、かさぶたははがさず、洗顔でこまめに洗うだけでいいと思います。

二重理没法術後、腫れ内出血、炎症に効く薬は?

3日前に二重整形理没をしました。1日目は腫れだけでしたが2日目から腫れ内出血、炎症が起きました。病院では、飲み薬と目薬はでましたが塗り薬はでませんでした。
どうしても病院にはいけないので家にある塗り薬で対処したいです。
・ヒルドイドローション
・ステロイド
・マイザー軟膏
・デルモゾールG
どれを使用したらいいですか?
よろしくお願いします。
(大阪府 20代 男性)
下3つのステロイドは、内出血やリンパのむくみの改善には効果は期待できません。ヒルドイドは、内出血の吸収を早める効果があるといわれ、当院でも時々処方していますが、劇的な効果はあまり期待できません。
唯一効果があるのは、ケナコルト(トリアムシノロン)注射でしょうか。
あと、ヒルロイド軟膏を使用の際には目には入らないように気を付けてください。

二重整形のうち、埋没法ではブジーテスト通りに出来ないけど、切開法では実現できるラインなのでしょうか

埋没法は術前に行うブジーテスト通りの仕上がりになるということですが、私はテスト時点ではまつ毛の生え際が見えたり上向きになる、目も丸く見えます。
しかし完成形はテスト通りではないんです。これは糸が緩くかけられているということでしょうか。
それとも、埋没では出来ないけど切開ではっきりさせることで実現できるラインなのでしょうか。
現在奥二重状態で他院カウンセリングに行った際テストした時も生え際は見えたりしていましたがまた埋没だと同じことになりそう、切開でも今と変わらない仕上がりになってしまいそうで悩みます。
ちなみに私の瞼は厚くもなく薄くもない状態だそうです。
(大阪府 20代 女性)
ブジーテストと、術後の仕上がりの関係性ですが、埋没法の場合、ブジーを軽く抑えた程度
全切開法は、二重ライン全体にブジーでキツ目に抑えた仕上がりになります。
全切開法の場合、二重ライン下の眼輪筋や皮下脂肪組織を切除し瞼の厚みが薄くなるためですが、埋没法でラインをくっきりさせようとして、糸をきつく縛るとものすごく腫れてしまうので、オススメできません。逆まつげを改善させたいなら全切開法がベストですね。

二重切開の幅を修正をするのは難しく不可能なのでしょうか?

数週間前に二重整形の全切開法を行いました。しかし今は、正直二重幅が広くて不安でいっぱいです。
数ヶ月すれば腫れもひいて幅も狭くなるとネットで見掛けたんですがそれでも不安な気持ちもあります。
腫れが完全にひいて二重が安定する1年を待ってもし幅が不自然なら修正しようと考えています。
そこで二重整形を行ったクリニックにもし二重幅を狭く修正するとしたら可能かスタッフの方に問い合わせて聞いてみると「難しい」との返答がありました。
やはり二重切開の幅を修正をするのは難しく不可能なのでしょうか?
(大阪府 20代 女性)
全切開法の後の二重を狭くしたいとのことですが、二重ラインからマツゲ寄りの部分がぷっくり腫れているようでしたら治療可能な場合があります。その部分の膨らみを修正や、注射で縮小させることで、以前よりも皮膚がかぶさるようになるため、二重を1~2mm程度なら狭くすることもできます。それ以外には、眼瞼下垂の挙筋前転術行うことで、目の開きを良くし、二重を狭くできる方もおられます。
手術内容
手術時間 20分程度、日帰りでの手術です
手術費用 (両目)70,000円
(片目)42,000円
⇒他の手術費用一覧はこちらから
備考 局部麻酔
痛みに弱い方は笑気ガス・吸入麻酔の使用も可能です(別途料金がかかります。)
症例
【二重】クイック法(埋没法)

BeforeAfter BeforeAfter

Before After

Before After

Before After

手術の経過・注意事項について
メイク・洗顔 創部より色素が入り込むのを防ぐ為、アイメイクは2~3日控えてください。その他の部分のメイクは当日から可能です。洗顔は翌日から可能ですが、目の周りは強くこすらないで下さい。
腫れ 約2~3日、泣いた後の様にむくんだ感じが残ることがあります。
内出血 稀に出る場合がありますが、1~2週間程で消失します。
コンタクトレンズ 術後、経過によりますが翌日から可能です。

page top

マイクロカット法(埋没法+脱脂)

  • 埋腫れはほとんどありません。
  • すぐに日常生活にお戻り頂けます。
  • 分厚いまぶたでもスッキリさせることが出来ます。
  • 他院で埋没を断れらた方も起こしください。

埋没法の固定位置

埋没法とは、極細の糸を二重を希望する線に埋め込むことで、二重まぶたを作るもっともスタンダードな手法ですが、唯一、まぶたの脂肪層が分厚くて糸だけではうまく二重のラインを作ることの出来ない方にはお受け出来ない場合があります。

その際に当院では、まず余分な脂肪を取り除いて脂肪層を薄くしてから糸をかける専門的な手法を取っています。
また、この際にも切開して傷口を開くことをせずに脂肪を取り除くことができますので、縫い跡のような傷が残ることもなく、仕上がりにほとんど差が出ることはありません。豆粒大の脂肪を自然な形で取り除くことによって美しいラインをデザインすることが可能となります。

体験レポート
マイクロカット法体験談(20代・女性)

かわいい目になれました!!
ずっと腫れぼったい一重の目が嫌で、いつも二重の友人を羨ましく思っていました。
アイプチをしていましたが、不自然になったり取れやすく常に目を気にして過ごさないといけなかったり、腫れぼったいせいで化粧もうまく出来なくて朝のむくんだ顔の時は最悪でした。

★ 当院を選んだ理由は?

自分なりに美容外科のHPや雑誌などで調べて何件か電話をかけました。
美容外科は“固い”イメージがありましたがコムロは話しやすく、『行ってみたい』と思い カウンセリング予約しました。院長先生とも緊張せずに話せて希望をうまく伝えることが できたので、“先生にお願いしたい”と手術する決心をしました。

★ご手術前の不安はありましたか?

とにかく二重になりたかったのであまり不安はなかったです。
ただ、二重の自分に周りはどう思うかな・・というのがありました。

★ 術後の仕上がりはいかがですか?

今はまつげが上を向くようになって、化粧するのが好きになりました。
周りから『かわいい目だね』といわれるのがすごく嬉しいです。

★ 同じ悩みをお持ちの方にメッセージをお願いします。

病院との相性が大事だと思います。
自分の気持ちを素直に話して納得できれば不安も少なくてすむと思います。
なりたい自分になる為の大事な事なので、複数の病院に問い合わせてみて安心 できる所を見つけてくださいね。

症例

Before After

マイクロカット法 その他の症例

Before After

手術内容
手術時間 40分程度、日帰りでの手術です
手術費用 130,000円
⇒他の手術費用一覧はこちらから
備考 局部麻酔
手術の経過・注意事項について
メイク・洗顔 創部より色素が入り込むのを防ぐ為、アイメイクは2~3日控えて下さい。その他の部分のメイクは当日から可能です。洗顔は翌日から可能ですが、目の周りは強くこすらないでください。
腫れ 約4~7日、泣いた後の様にむくんだ感じが残ることがあります。元々脂肪で腫れぼったく感じていた部分は、約7~10日ですっきりしてきます。 

手術の経過症例
手術前 手術中 手術後
手術前⇒ 手術中⇒ 手術後
内出血 稀に出る場合がありますが、1~2週間程で消失します。
コンタクトレンズ 術後、経過によりますが、3日後ぐらいから可能です。

page top

ミニマムカット法(小切開法)

ミニマムカット法とは、二重のライン中央部あたりに10mm程度の切開を行い、取れにくい二重のくせ付けを行う二重整形です。

  • 埋没法よりも 取れにくい二重を作ることができます。
  • 全切開法に比べ腫れが少なく、 自然な二重を作ることが可能です。
  • 全切開法よりも短い、10日程度で日常生活に復帰頂けます
  • 埋没法では難しかった幅広二重も可能です。

ミニマムカット法(小切開法)は 全切開法と埋没法の両方の特性を持つ二重整形手術です。

埋没法より二重のくせが取れにくく、全切開法に比べて腫れや内出血などのダウンタイムが短いメリットがあります。埋没法のくせが取れてしまったケースや、緩みにくい二重を作りたい方に最適です。

ミニマムカット法は、希望の二重ラインの中央部に10mm程度の切開を加え、その周囲の皮下脂肪や眼輪筋を切除することで、皮膚と瞼板の間に強い癒着を作ることで取れにくい二重を作ります。全切開法に比べやや狭い範囲でしか皮下組織を切除できませんが、希望の二重幅があまり広くなかったり、瞼が薄い場合には、全切開法とほとんど変わらない二重のくせを作ることが可能です。

ミニマムカット法(小切開法)でそれ以外に可能なこと 埋没糸抜去が可能です。

ミニマムカット法をされる方は、ほとんどの方が埋没法をすでに行っています。その埋没法の糸を普通に抜去しようとすると、小さな傷口から探すため糸が見つからなかったり、腫れが強く出たりすることもあります。その点ミニマムカット法を行う際には、皮下組織を切除する際に埋没法の糸を比較的簡単に見つけることが可能です。必ず抜去を約束するものではありませんが、埋没糸抜去にあたって追加費用はいただいておりません。

手術内容
手術時間 40分程度、日帰りでの手術です
手術費用 130,000円
⇒他の手術費用一覧はこちらから
備考 局部麻酔
痛みに弱い方は、吸入麻酔や笑気麻酔の併用が小濃です
症例
ミニマムカット法(小切開法)

Before After

Before After

After After

Before After
メイク有り

手術の経過・注意事項について
抜糸 7日前後に予定しています。
メイク・洗顔 抜糸までは目の周りのメイク・洗顔は控えてください。
健診 抜糸時・1ヶ月後に予定しています。
腫れ 4~7日程で軽減していきます。
創部 ・切開部に1~2ヶ月程度色素沈着(ピンク色から茶色に変化)が一時的に起こる場合がありますが、紫外線予防をして頂ければ時間の経過により薄くなってきます。
・切開部付近が1ヶ月程度 陥没して見える場合がありますが、自然に改善されます。
内出血 稀に出る場合がありますが、1~2週間程で消失します。
コンタクトレンズ 術後、経過によりますが、3日後ぐらいから可能です。

page top

全切開法

全切開法は、二重のライン全体にメスを入れる二重整形手術です。タルミの切除、逆さまつ毛の改善ができ、希望の二重を実現します。

  • 埋没法や小切開法では、くせが緩んだり、とれてしまった方に最適です。
  • まぶたのたるみを切除することで、幅広の二重や、逆さまつ毛の改善できます。
  • 非常に取れにくい二重のくせ付けが可能です。

切開法イメージ

全切開法は瞼の全体(約35~40ミリ)を切開し、皮下の眼輪筋や皮下組織を広範囲に切除し、強い癒着を作ることで非常に取れにくい二重を作る二重整形手術です。
加齢や、カブレが原因のたるみが多い場合でも、余剰皮膚を切除することで自然な二重を作ることができます。

しかしながら、全切開法の場合腫れや内出血などのダウンタイムは、手術の手技によって大きく左右されるためクリニック選びは重要です。
当院では、できるだけ痛みの少なく、ダウンタイムの短い手術を行えるよう心がけています。二重の左右差や緩みを生じた場合には、修正を行わせていただく保証制度を設けております。

手術内容
手術時間 60~90分程度、日帰りでの手術です
手術費用 250,000円
⇒他の手術費用一覧はこちらから
備考 局部麻酔
症例
【二重】全切開法

BeforeBefore AfterAfter

BeforeBefore AfterAfter

Before After

上眼瞼切開法

Before After

手術の経過・注意事項について
テーピング 手術後2~3日程度、二重のラインから下側に肌色のテープを貼って頂く場合があります。内出血やリンパのムクミを抑え、腫れを改善する効果があります。
抜糸 手術後5~7日以降に行います。
メイク・洗顔 抜糸までは目の周りのメイク控えてください。 翌日からきれいな水での洗顔は可能です。
健診 抜糸時・1ヶ月後・3ヵ月後に予定しています。
腫れ 個人差はありますが、14~20日程でひいてきます、最終的な完成は約3ヶ月後 になります。腫れの改善が遅かったり、強い場合には、腫れの改善に効果のある漢方薬やステロイド注射を行うことができます
内出血 1~2週間程で消失します。内出血が予想される場合には、内出血の消退に効果のある漢方薬を処方します。
その他 切開部に1~2ヶ月程度色素沈着(ピンク色から茶色に変化)が一時的に起こる場合がありますが、紫外線予防をして頂ければ時間の経過により薄くなっていきますのでご安心下さい。
コンタクトレンズ 術後、経過によりますが、3日後ぐらいから可能です。
全切開法についてのQ&A 美容医療の口コミ広場のご質問に院長が回答した内容です。

切開線から睫毛のぷっくりは治るのでしょうか?

私は二重整形の全切開法をしてから、3週間が経ちました。しかし、切開線から睫毛の間の腫れが中々治らず、二重幅が希望より広くなってしまい、食い込みも強く、ぷっくりも治るのか不自然な目のままで毎日不安でいっぱいです。
腫れを少しでも早くひかせる為に心がける事はありますか?
全切開法後はリンパの流れが悪くなるため、切開線よりまつ毛側の皮下脂肪がセルライトのように膨らんでしまうことが多いですね。時間経過である程度改善しますが、当院ではケナコルトというステロイドを少量注射しています。
注射である程度改善しますが、場合によっては二重を狭くする手術で修正するしかありません。

切開をしましたが一重に修正できますか?
(大阪府 20代 女性)

他院にて全切開法をしましたが食い込みが激しく幅が広くいかにもという感じで人と目を合わすことさえできませんし自分の顔を見るのも辛いです。一重に戻し埋没にナチュラルに治すことは可能ですか? (大阪府 20代 女性)
切開法後のライン修正は難しく特に一重まで戻すのはほぼ不可能です。しかしながら切開線からまつ毛よりの、ふくらみの原因である余剰皮膚や皮下組織を切除することで、相対的に傷跡の食い込みの改善が行え、二重を少し狭くすることが可能です。その場合、全切開に準じた手術が必要になります。
それ以外には、挙筋短縮法を行うことで、眼の開きを良くすることで二重を狭くできる場合もありますが、適応は限られます。

page top

眼瞼下垂修正法

眼瞼下垂手術イメージ 眼瞼下垂とは、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱いために、上まぶたが十分に開かない状態のことです。 眼瞼挙筋を縫縮する方法が一般的ですが、当院では眼窩隔膜や挙筋腱膜を利用することにより、従来の方法よりも短時間で確実な効果を生み出します。

手術内容
手術時間 120~150分程度、日帰りでの手術です
手術費用 500,000円~(片側)300,000円~
⇒他の手術費用一覧はこちらから
備考 局部麻酔
症例
眼瞼下垂術

Before After

Before After

手術の経過・注意事項について
テーピング 手術後2~3日程度、二重のライン上に肌色のテープを貼って頂く場合があります。これは手術部位を保護する為にとても重要です。
抜糸 7日前後に予定しています。
メイク・洗顔 抜糸までは目の周りのメイク・洗顔は控えてください。
健診 抜糸時・1ヶ月後・3ヵ月後に予定しています。
腫れ 14日程でひいてきます、最終的な仕上がりは約3ヶ月後です。
内出血 稀に出る場合がありますが、1~2週間程で消失します。
その他 切開部に1~2ヶ月程度色素沈着(ピンク色から茶色に変化)が一時的に起こる場合がありますが、紫外線予防をして頂ければ時間の経過により薄くなっていきますのでご安心下さい。
コンタクトレンズ 術後、経過によりますが、3日後ぐらいから可能です。
手術の経過・注意事項について

人間の身体は、元々左右差がある為手術においても完全な左右対称を保証することは困難です。 顔の骨格やその他の要因により、できる二重のラインには限界があります。

page top

オンライン予約

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
最寄駅 地下鉄 御堂筋線 心斎橋駅下車

Copyrightc Komuro clinic. All Rights Reserved.