しわ治療

しわとり

顔にしわができる原因

顔にしわができる原因は、生活環境や日常習慣など、人によってさまざまです。しわによる悩みを改善するためには、まず「なぜしわができるのか」という原因を追究することが大切です。

コムロ美容外科では、しわができる原因に合わせた治療を行っています。適切なしわ治療を受けるために、どのような原因でできたしわなのかを突き止めましょう。

乾燥
肌の表面が水分不足に陥り、乾燥して柔軟性を失うことが、しわができる原因のひとつです。乾燥によるしわは、目元や口元など皮膚が薄く皮脂の分泌量が少ない場所に、細かいちりめん状の小じわとなって多く現れます。加齢による水分保持機能の低下だけでなく、保湿不足や誤ったスキンケア方法によって乾燥するケースもあるため、20代でも乾燥によるしわが生じることはめずらしくありません。また、肌の炎症によるバリア機能の低下によっても、乾燥性のしわは引き起こされます。
老化
老化によって女性ホルモンや肌の細胞を作り出す力が衰えるため、肌のハリを保つ成分であるエラスチンやコラーゲンが減少します。また、加齢とともに顔の筋肉も衰えることで、皮下脂肪の重みや重力に負けて皮膚が下がり、皮下組織同士の境界線がしわとして現れます。肌の弾力低下とともに、広い面積に深いしわとして現れやすいことが、老化が原因で生じるしわの特徴です。
紫外線
日中に浴びた紫外線が肌の表皮層や真皮層に到達することで、細胞にダメージを与え、肌の老化を促進します。肌の細胞が劣化してエラスチンやコラーゲンが減少し、肌のみずみずしさや弾力を保てなくなることが、たるみやしわの原因です。
紫外線は、季節や天気に関係なく、1年中降り注いでいます。日差しが弱いときは紫外線対策を怠りやすく、また通常の窓ガラスでは紫外線を防ぐことができないため、知らないうちに紫外線ダメージが蓄積していることもあります。
表情のクセ
おでこの横じわや眉間、目尻、口元にある深いしわは、表情のクセによってできたしわの可能性があります。本来は表情の変化によって一時的にできるしわであるため、無表情に戻ればしわも消えます。しかし、加齢とともに肌の弾力が低下して元に戻る力が弱くなり、何度も同じ表情を繰り返した結果、しわが深い溝となるケースは少なくありません。

【原因別】しわの種類

しわは、原因によって「表皮じわ」「真皮じわ」「表情じわ」の3種類に分けられます。
それぞれのしわの特徴や原因やできやすい場所は以下の通りです。

表皮じわ

●表皮じわ

表皮じわの多くは、乾燥が原因となってできます。溝が浅く、かつ細かい形状から「ちりめんじわ」とも呼ばれます。目元や口周りなど、よく動く皮膚の薄い場所や、皮脂の分泌が少なく乾燥しやすい場所にできます。

表皮じわの特徴 浅い線状のしわがちりめん状に細かく現れる
表皮じわができる原因
  • 乾燥
  • 肌の水分不足・保湿不足
  • 新陳代謝の低下
表皮じわができやすい場所
  • 目元
  • 口周り

表皮じわは一つひとつは小さなしわですが、そのまま放置していると増えたしわが次第に寄り集まり、大きなしわとなる可能性があります。

真皮じわ

●真皮じわ

真皮じわは、肌の老化や顔の筋肉が弱ることが主な原因となります。加齢や紫外線によるダメージの蓄積によって肌が老化し、コラーゲンなど皮膚の弾力を保つ成分が減少することで、肌の表面に深い溝が生じます。顔の中でも面積の広い場所に大きく現れやすいことから、非常に目立ちやすいしわです。

真皮じわの特徴 広範囲に深いしわができやすい
真皮じわができる原因
  • 老化
  • 紫外線
  • 皮膚のたるみ
真皮じわができやすい場所
  • 口元のほうれい線
  • 口周りのマリオネットライン
  • 下まぶた

真皮しわは溝が深いため、一度できてしまうと自力で戻すことは困難です。

表情じわ

●表情じわ

表情じわは、おでこや眉間、目元や口元などに大きな表情の変化に伴って一時的に現れます。肌が弾力を保っているうちは、表情が元に戻るとともにしわもなくなり、顔に長く残ることはありません。しかし、加齢や紫外線によるダメージで肌の柔軟性が低下すると、肌の折りたたみ跡がしわとして定着するケースが多くなります。

表情じわの特徴 同じ場所に繰り返ししわが寄ることで定着する
表情じわができる原因
  • 表情のクセ
  • 紫外線
  • 老化
表情じわができやすい場所
  • おでこ
  • 眉間
  • 目元
  • 口周り

顔のゆがみや表情のクセの出方によっては、左右で異なる場所に表情じわが発生します。表情じわを自力で均一に消すことは決して簡単ではありません。

しわが発生しやすい場所

しわは、顔のさまざまな場所に発生します。顔のどの部位にしわができるかによって、しわが人に与える印象も異なります。

部位 特徴
おでこのしわ
  • 表情が豊かな人に現れやすい
  • おでこの筋肉を使って目を開ける人に現れやすい
  • 上目遣いが多い人に現れやすい
  • 年齢を重ねるごとに深くなっていく
  • 目立ちやすく、老けた印象を与える
眉間のしわ
  • イライラしたときに眉間にしわを寄せる人に現れやすい
  • 視力が悪く、目を細めるクセがある人に現れやすい
  • 怖い雰囲気や気難しい印象を与える
  • 「機嫌が悪い」「怒っている」と誤解されやすい
鼻根のしわ
  • 加齢とともに頭部やおでこの筋肉が弱ることで現れる
  • 若いうちはほとんどできない
目尻のしわ
  • 乾燥によるちりめんじわが現れやすい
  • 笑って目を細めたときにできやすい
  • 加齢によって目立ちやすくなる
下まぶたのしわ
  • 加齢によって肌の弾力が低下することで現れる
  • 目の疲労やストレスによって現れる
  • クマが目立ちやすくなる
  • 老けた印象を与える
ほうれい線・
マリオネットライン
  • 加齢や紫外線による皮膚のたるみ・筋肉の衰えによって現れる
  • 乾燥によるちりめんじわが大きくなって現れる
  • 年齢を重ねるごとにしわが深くなっていく
  • 目立ちやすく、老けた印象を与える
唇のしわ
  • 乾燥によって現れる
  • コラーゲンが減少し、唇にハリや弾力がなくなることで現れる
  • つやが減り、老けた印象を与える
あごのしわ
  • あごや唇に力を入れたときに現れる
  • 口を閉じたときに筋肉が緊張していると現れる
  • 年齢とは関係なく現れる
  • 梅干しのような形状をしている

日常でできるしわ予防対策

日常でできるしわ予防対策

できてしまったしわを完全になくすことは簡単ではありません。そのため、日頃からしわを防ぐことが重要です。しわの原因・種類に合わせて、しわ予防対策を取り入れましょう。

表皮じわ
主に乾燥肌が原因となってできる表皮性のしわには、不足している水分をたっぷりと補う、保湿ケアが効果的です。高保湿成分が配合された化粧水を使用し、コットンパックなどを行うことで、ちりめんじわの改善や予防が期待できます。
真皮じわ
真皮性のしわを予防するためには、紫外線対策が有効です。紫外線は、太陽が出ている時間であれば1年中降り注ぎ、窓ガラスも通過します。夏以外や天気の悪い日、屋内であっても日焼け止めを使用し、こまめに塗り直しましょう。肌の露出を避ける服飾品や、UVカット効果のある化粧品、日傘の利用もおすすめです。
また、ハリを与える成分が配合された美容液・クリームを使ったり、表情筋のエクササイズで筋肉を鍛えたりすることも効果的です。
表情じわ
表情のクセが原因で生じる表情じわは、表情のクセを治すことが一番の予防対策となります。クセを治すことが難しい場合は、しわが気になる部分の筋肉を鍛えましょう。おでこが気になる場合は上眼瞼挙筋、口周りの場合は口輪筋、眉間や目元の場合は眼輪筋や皺眉筋などを鍛えることで、しわの改善・予防効果が期待できます。

しわの予防対策を生活習慣に取り入れることで、しわの悪化や新たなしわの発生をある程度抑制することはできます。しかし、すでにあるしわを、セルフケアのみで完全になくすことは困難です。

しわを完全に消し去ることはできなくても、しわ治療で目立たなくすることは可能です。
コムロ美容外科ではしわ治療を行っているため、「しわが目立って気になる」「しわの存在感を薄くしたい」という人は、ぜひ一度ご相談ください。

若返りたい方必見!大阪の美容クリニックが行うアンチエイジングとは →

気になるしわに適した治療方法

しわの治療方法にはさまざまな種類がありますが、どれでもよいわけではありません。改善したいしわの部位によって、適切な治療法は異なります。どのしわにどの治療法が適しているのか、下記のチェックリストから確認してみてください。

なお、上記のチェックリストはあくまでも目安です。

カウンセリング時に、上記のチェックリストとは異なる治療法をご提案することもあります。患者様のしわの状態や肌質などに合わせて、適切な治療法をご案内いたしますので、まずは一度ご来院ください。

深いほうれい線には「レディエッセ」

レディエッセ

レディエッセは、カルシウムハイドロキシアパタイトを主成分とする製剤を、皮膚の深い場所に注入する施術方法です。深く刻まれたしわを目立たなくしたいときや、鼻やあごの輪郭を形成するときに使用されます。

レディエッセの成分が完全に吸収されるまでは約18か月がかかり、一般的なヒアルロン酸と比較すると、約6か月~12か月長い持続期間が特徴です。レディエッセは日本だけでなく、FDAやCEなど欧米をはじめとする約10か国で承認・認可を受けています。

●料金

1本(1.5CC) 95,000円

【注意点】

  • おでこや眉間、唇といった、皮膚が薄い場所には注入できません。
  • 施術後、まれに内出血が生じる場合があります。
  • 施術後、注入部分に腫れや赤み、痛み、つっぱり感、灼熱感が出る可能性があります。

口元・目元のしわには「ヒアルロン酸注射」

口元・目元のしわには「ヒアルロン酸注射」

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する、高い保水力を持つ物質です。
ヒアルロン酸注入は、加齢などで減少したヒアルロン酸を外部から注入して補うことで、しわの肌や肌のボリューム感など、さまざまな悩みの解決をサポートします。

ヒアルロン酸注射の特徴は、治療薬の種類が多いことです。コムロ美容外科では、しわ治療に合わせて適切なヒアルロン酸タイプを選定しています。

●料金

ハイアコープ/1本(1.0cc) 95,000円
クレヴィエル/1本(1.0cc) 70,000円
スタイレージM/1本(1.0cc) 77,000円
スタイレージS/1本(0.8cc) 66,000円

【注意点】

  • 注入直後は多少の赤みや皮下出血、皮膚の隆起を感じますが、時間の経過とともに自然に改善します。
  • 施術後、痛みや赤み、内出血、だるさ、かゆみ、腫れ、浮腫みが生じる恐れがあります。

おでこや眉間のしわには「ボトックス注射」

おでこや眉間のしわには「ボトックス注射」

ボトックス注射は、注入した部位の筋肉を弛緩させることで、表情の変化によるしわを目立ちにくくする治療方法です。専門的な知識のもと正しく使用しないと、トラブルが発生するリスクがあります。そのため、コムロ美容外科では薬機法の承認を受けている、アラガン社の「ボトックスビスタ」を採用しています。

ボトックス注射の持続期間は約6か月です。効果が切れるタイミングでご来院いただくことで、ボトックス注射の効果を継続することができます。

●料金

88,000円
目尻 66,000円
眉間 44,000円
口角 22,000円
片側 14,256円

【注意点】

  • 効果を感じられるまでに、数日間のタイムラグがあります。
  • 施術後、痛みや赤み、内出血、だるさ、かゆみ、腫れ、違和感が生じる恐れがあります。

しわ治療の流れ

しわ治療の流れ

コムロ美容外科は完全予約制です。当院で治療を受けるためには、ドクターによる無料カウンセリングを受けていただく必要があります。
当院のしわ治療の流れは、以下の通りです。

(1)問い合わせ・予約
電話・メールで希望する来院日時をお伝えください。
(2)来院
予約日にご来院いただき、問診表に必要事項を記入していただきます。
(3)診察・カウンセリング
ドクターによる無料カウンセリング、治療方針の説明を受けます。
(4)料金説明・手術申し込み
治療方針と見積書の料金にご納得いただいたら、手術を申し込んでください。その場で決めず一度ご自宅へご検討いただいたり、再度カウンセリングを受けていただいたりすることも可能です。
(5)手術・アフターケア
治療方針に従い、手術が行われます。
治療後の検診は無料のため、気兼ねなくご来院ください。通院が不要な場合でも、電話・メールでご相談を受け付けています。

【各種料金表】

しわ治療でよくある質問

しわ治療に関するよくある質問にQ&A方式で回答します。
以下をご一読いただき、不明点や疑問点があれば、お気軽にお問い合わせください。

レディエッセ・ヒアルロン酸注射・ボトックス注射の違いは何ですか?
それぞれ適したしわの部位や種類が異なります。
  • レディエッセ:深く刻まれたしわに適しているが、浅い部分には施術できない
  • ヒアルロン酸注射:無表情でも消えないしわに適しており、浅い部分にも施術できる
  • ボトックス注射:顔の筋肉を動かしたときにできる表情じわに適している
ヒアルロン酸注射を打ったときに痛みはありますか?
ヒアルロン酸を注入する前に肌表面に麻酔クリームを塗布することで、なるべく患者様が痛みを感じないような施術を心がけています。注射時の痛みに不安がある場合は、お気軽にお申し付けください。
どのしわ治療を受けるべきかわかりません。
コムロ美容外科では、来院時に受けられる無料カウンセリングの際に、しわに最適な治療方法をご提案しています。また、電話やメールによるお問い合わせも受け付けているため、しわで悩んでいる人はお気軽にご相談ください。