ダイエットピル(内服薬)なら大阪・難波・心斎橋の心斎橋コムロ美容外科

06-6700-1112 受付時間:13:00~17:00 日曜・祝日休診 オンライン予約

ダイエットピル

ダイエットピル(内服薬)

まず確実に痩せようとした場合、様々な手術方法や、器械が登場した現在でも脂肪吸引が一番確実と言えます。しかしながら、いきなり手術は怖い、手軽な方法でまず試してみたいといったかたも多いですね。  そこで、本格的な手軽なダイエットをまず行いたい方や、内臓脂肪の多い方、脂っぽい食事や過食気味で食生活で問題が多い方におすすめできるのが、内服薬を使ったメディカルダイエットです。
 市販のダイエット薬と比較して、効果が大きいのが特徴ですが、必ず医師の診察が必要な薬です。しかしながら、用法、医師の指導を守れば、危険性はほとんどありません。

サノレックス

サノレックスは、厚生労働省が認めている内服タイプの食欲抑制剤です。サノレックスの主成分であるマジンドールが、主として視床下部にある食欲中枢に作用し、摂食行動を抑制します。
少ない食事量で満腹感が得られ、空腹感が出にくくなります。
それ以外に、サノレックスを内服すると、基礎代謝の改善効果があるため、効率よく脂肪を燃焼させることが出来ます。

すべての人に効果があるわけではありませんが、研究によると70%以上の人に効果があったと報告されています。

サノレックスの使用方法

まず飲み方ですが、昼食の1時間前に服用します。食欲がわかない、食欲がすくなる効果が出てきます。効果が不十分な場合には、昼食と夕食の1時間前に1錠ずつ服用します。 連続服用は、2ヶ月まで。服用を続けたい場合は、最低3ヶ月、期間を開けます。
普段から脂っこい食事をされている方には、ゼニカルとの併用が効果的です。

副作用

口渇、便秘、イライラ感

内服上の注意点
  • 1.肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の方が適応とされており、痩せている方には処方できません。
  • 2.内服は一日一錠で、昼食前に内服していただきます。効果が少ない場合には、増量する場合もありますが、必ず医師の診断が必要です。
  • 3.高齢者(65歳以)妊婦または、妊娠中の方、小児、うつ症状のある方は処方できません。
  • 4.副作用として、不眠や、イライラ感などの精神症状が出る可能性があります。
  • 5.一定期間中に効果が見られない場合には治療を終了することがあります。
費用 8,000円/14日分(14錠)

ゼニカル

食事に含まれる脂肪分を体内で分解・吸収するのにはリパーゼという脂肪を分解する酵素が必要です。
ゼニカルはリパーゼの働きを抑え、脂肪の吸収を抑制します。
脂っこい食事の前にゼニカルを飲んでおくと、摂取カロリーを大幅にカットできます。飲み忘れたときは、食後に飲んでも構いません。
吸収されなかった脂肪分は便に混じって排泄されますので、効果は翌日のトイレで一目瞭然です。
上記のサノレックスと組み合わせる事によって高いダイエット効果が期待できます。

※ゼニカルはFDA認可(米の厚労省認可にあたる)の安全性の高いダイエット薬です。

ゼニカルの使用方法

外食や、脂肪が多い食事を摂る前もしくは、食後1時間以内に1錠内服します。脂肪を含まない食事の際には、使用を避けてください。

内服上の注意点
  • 1.肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の方が適応とされており、痩せている方には処方できません。
  • 2.脂肪を含まない食事の際には、使用を避けてください。
  • 3.妊娠中、または授乳中の女性の方は服用を避けてください。
費用 4,000円/14日分(14錠)

アカルボース(炭水化物の吸収を抑制する薬)

体脂肪の多くは、炭水化物由来と言われています。アカルボースは炭水化物が分解されて生まれるブドウ糖の体内への取り込みを抑制することで体脂肪の増加を防ぐ内服薬です。
朝と夜の一日2回の内服で効果を発揮します。
甘いモノが好きな方、穀物・類麺類の量が減らせない方におすすめします。

炭水化物と脂肪の関係
ご飯や麺類をたくさん食べると、腸で分解されブドウ糖として体内に取り込まれ、全身のエネルギー源として働きます。余ったブドウ糖は、グリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えられ、必要があればブドウ糖に戻り消費されるのですが、あまりにも一度に大量の炭水化物を摂取すると、インスリンの分泌が増加する結果、体内の脂肪が増加します。つまり脂肪の増加を防ぐには、血液中のブドウ糖濃度の急激な上昇を避ける必要があるのです。

アカルボースの効果
アカルボースは、腸からの炭水化物(糖分 グルコース)の吸収をゆっくりと遅らせことで、インスリンの分泌を抑制し、体脂肪の生成を抑制させます。

アカルボースの使用方法

100mg(1錠)を1日2回、朝食・夕食の前にに服用してください。
※低血糖をおこすおそれがあるため、食前10分以内に服用するようにします。

アカルボース処方にあたっての血液検査(血液検査には別途費用がかかります。)
糖尿病の有無、低血糖、高血糖の検査のため、初回のみ血液検査が必要になります。

副作用

お腹の張りや、おなら、排便回数の増加、低血糖、腹痛、食欲不振など

他のダイエット薬との併用

ゼニカル(脂質吸収抑制剤)との併用は問題ありません。
サノレックス(食欲抑制剤)との併用の際には、低血糖を予防するために絶食は避けてください。

処方できない方
  • 1.糖尿病の方、糖尿病で治療を受けておられる方
  • 2.インスリンなど、糖尿病薬の処方を受けておられる方
  • 3.肝機能障害、腎機能障害、胃腸障害腸閉塞を起こしたことがある方
  • 4.妊娠中、授乳中の方
費用 5,600円/14日分(28錠)  採血 2,000円(初回のみ)

page top

オンライン予約

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
最寄駅 地下鉄 御堂筋線 心斎橋駅下車

Copyrightc Komuro clinic. All Rights Reserved.