わきが・多汗症・ボトックス|美容整形・脂肪吸引なら 大阪心斎橋コムロ美容外科クリニック

06-6700-1112 受付時間:13:00~17:00 日曜・祝日休診 オンライン予約

わきが・多汗症

多汗症のボトックス・ボツリヌストキシン 注入法

汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)の働きを抑えます

メスを使わない、多汗症の治療としておすすめなのは、ボトックス注射です。ボトックスとは、ボツリヌストキシンAという毒素を使ったという、汗の量を減らす効果のあるお薬を、腋窩に注射することによって、ダウンタイムがほとんどなしに6ヶ月~10か月程度(個人差あり)汗の少ない状態にすることが可能です。

一回の治療時間は10分程度で終了し、当日から入浴、シャワーが可能です。

手のひらや、頭部の多汗症の方にもおすすめです。

こういった方におすすめ

・汗を主に減らしたい

・手術のではなく、手軽に治療を受けたい

・汗は多いが、匂いはあまりない

心斎橋コムロ美容外科クリニックのこだわり

多汗症に対するボトックスの効果は、どちらのクリニックで受けても、差がないように思われるかたもおられますが、注射した範囲、ボツリヌス毒素の量、種類など、いろいろな要素で変わります。当院の行っているこだわりを紹介します。

1.注射範囲
腋窩の汗の多い場所は、有毛部とその周囲です。発汗部位は個人差があるので、発汗テストを行い、それよりも若干広めに注入していきます。
2.注射方法のこだわり
多汗症でボトックス注入する際には、通常、細い針を使って碁盤の目状に、発汗部全体、数十か所に注射します。注射する回数がどうしても多くなるため、内出血や、ボトックスがいきわたらない範囲が出来やすくなります。
当院では、カテラン針という非常に長い針(長さが6,5cmくらいあります)を使ってボトックスを注入しています。注射針の方向を少しずつ変えて、扇状にボトックスを散布します。これによって刺す回数を、2から3か所で終わせることができ、痛みを抑えつつ、注射範囲のもれを防ぐができます。 痛みを減らしたい場合には、局所麻酔クリームを合わせて使います
3.ボトックスの量
ボトックス注射の際もう一つ重要なのが、ボトックスをどれだけ注入するのか?です。当院では多汗症治療の場合、ほかのクリニックと比較して多めの、左右各50単位 計100単位使っています。クリニックによっては、半分程度しか使っていない場合もあります。
ボトックスの量が少ないと、短期間で効果が切れたり、あまり汗の量が減らなかったりします。他のクリニックで治療を受けていて、当てはまる上記にあてはまる場合には、当院に一度ご相談ください。
4.安心の効果保証
注意を払って注入していても、効果が不十分な場合もあります。当院では、一週間経っても十分な効果が出ない場合、診察の結果必要と判断した場合、ボトックスを無料に追加注入します。耐性ができるのを予防するため、初回の注入から2週間以上あけて行います。
5.手掌の多汗症
手掌の多汗症も、ワキのボトックスと同様に治療できます。ただしワキと違い敏感な部分のため、普通に注射すると結構痛がられます。
当院では、手掌のボトックス注入時には、吸入麻酔を使用し、痛みと意識をとった状態で局所麻酔と混ぜたボトックスを注射しています。麻酔も含めて注入にかかる時間は、30分程度です。 (吸入麻酔の費用は無料です)
治療の流れ
    1.カウンセリング
    治療を担当するドクターが、汗の量、汗の気になる部位、においの有無を診察します。
    その際施術の流れや、アフターケアー、注意する点を説明します。
    多汗症に対するボトックス注射の場合、当日より施術が可能です。
    2.麻酔
    あまり痛くないのですが、痛みをできるだけ取り除きたい場合は麻酔クリームを使用します。局所麻酔薬が含まれていて、針を刺す際の痛みを取り除きます。麻酔が効くまで、10分程度お待ちいただきます。
    3.マーキング
    汗の気になる範囲を、サインペンを使ってマーキングします。有毛部以外からも汗が出ていることが多いので、注意しています。
    4.注入
    カテラン針という長い針を、前後左右に動かしながら扇状に注入していきます。 通常に比べ皮膚に針を刺す回数を少なくでき、局所麻酔が混ざっているため、痛みはほとんどなくできます。注入にかかる時間は、10分程度です。
    5.終了
    マーキングを消して消毒を行い、注入は終了です。出血している場合には、数分ガーゼで圧迫します。注入後は、痛みはほとんどなく、すぐにお帰りいただくことができます。注入後3~4日目には効果が現れ始め、6~10ヶ月持続します。
    当日より、シャワー入浴が可能です。
ボトックス注射の副作用、合併症

腋窩に注射する際、血管に針が当たってしまうと、アカアザ様の内出血が出ることがあります。しかしながら、細い針のため、数日で吸収され改善していきます。早く内出血を取りたい場合には、軟膏や漢方薬を使うことで早く内出血を取ることができます。
ボトックスを注射すると、2~3日で効果が出ますが、今まで出ていなかった部分からの発汗の症状が出ることがあります。それを代償性発汗といいますが、治療範囲の周囲からの発汗を認めた場合には、一回のみ追加注入を無料で行います。

特徴
施術時間 10~15分程度
費用 ワキボトックス
65,000円/1回
50,000円/2回以降
手のひらボトックス
⇒他の手術費用一覧はこちらから
手術の経過 ボトックス注入後、2~3日後から徐々に汗の量が減っていきます。
1回の治療効果は、個人差もありますが、6~10ヶ月程度です。
注入回数を重ねることにより汗腺が萎縮していきます。
備考 腋臭症に対しては、ボトックスはあまり効果がありません。その場合には、多汗症、腋臭症どちらにも効果がある、反転法、TPSシェーバー法をお勧めしています。
治療の限界について

1回の注入で6ヶ月から10か月程度持続します。
定期的な注入が必要な場合もあり、また治療効果の持続期間には個人差があります。
※根本的な治療は、反転法やTPSシェーバー法などの外科的手術をお勧めいたします。

page top

オンライン予約

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
最寄駅 地下鉄 御堂筋線 心斎橋駅下車

Copyrightc Komuro clinic. All Rights Reserved.