お得な全身脱毛の他、部分脱毛キャンペーンも同時開催中!

心斎橋コムロの安心の脱毛システム

痛みが無く短い施術時間

医療機関にのみ許されている特殊フラッシュランプを用いた痛みも
ほとんどない安全な脱毛方法です。
当院のIPL脱毛器は一度にうてる照射面積が1×3cmと広く、
レーザー脱毛に比べ施術時間が短くなります。

当院では、IPL脱毛器(prowave770:米国CUTERA社製)を使用しております。脱毛には、毛根のメラニンに選択的に吸収される波長(700~ 1100nm)が必要となります。
Prowave770は、代表的なレーザー脱毛3種類、アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・Nd:YAGレーザーの3つの波長(700~ 1100nm)がこの1台にプログラミングされています。状態によってモードを使い分けています。

レーザー脱毛との違い

  1. ポイント1

    レーザー脱毛は、色黒の方の場合、肌のメラニンに反応してやけどをする危険性があるため、パワーを下げる必要があり、脱毛の効果が落ちてしまうというデメリットがありました。その点、prowave770は、患者様の肌の色や、毛の状態によって、光の波長を3種類の中からモードを選ぶことができ、最適な条件で脱毛できます。また、prowave770のプローベの表面には、冷却装置が内蔵されていて、通常よりも高い出力で照射ができます。

  2. ポイント2

    脱毛の際の痛みは、毛が燃焼する際の熱さが原因です。Prowave770は、肌に機械を押しあてながら、光を照射するのですが、接触式の冷却装置が内蔵されていますから痛みを軽減させることができます。
    針脱毛はもちろん、一般のエステサロンで導入されているマシンに比べても痛みはごくわずかです。以前、当院では、冷却装置のないアレキサンドライトレーザーを使用していた頃と比べると、格段に楽になりました。高い脱毛効果を保ち、なおかつ痛みをやわらげるために技術面でさまざまな工夫をしています。また、痛みに弱い・どうしても怖いという方には、麻酔もご用意しています。
    笑気ガス、高濃度麻酔クリーム、局所麻酔を組み合わせることも可能です。

  3. ポイント3

    Prowave770で、1ショットの範囲は、1cm×3cmとレーザー脱毛に比べ格段に広く、一秒間に2発照射できるため、両ワキの施術で、5分程度で終わります。
    約2カ月の間隔で休止期毛根から生えてきた毛に対して照射をおこない、4~5回でほぼ、うぶ毛のみになります。一度脱毛した毛根から、毛が生えることはなく、ほぼ永久脱毛になります。うぶ毛も気になる方には、さらに出力を上げて脱毛することもできます。

  4. ポイント4

    アレキサンドライトレーザーでは、照射範囲が円形のために、うち漏れするケースが出やすくなります。Prowave770は、長方形に照射するので、打ち漏らしすることがほとんどありません。医療脱毛は、出力が高いため、効果が大きく永久脱毛を期待できます。

  5. ポイント5

    Prowave770からは、レーザー脱毛と違い、肌のメラニンにも反応する波長の光が出ます。そのため、ワキや、顔で脱毛を行うと、色素沈着や、くすみの改善も期待できます。

  6. ポイント6

施術の流れ

  1. お電話にて

    お電話にて、希望の部位と予約日時をご連絡下さい。予約状況や、部位によっては当日施術可能です。

  2. 問診票へのご記入

    問診票へのご記入(美容治療初回のみ)。
    カルテ作成のため、簡単な問診票に必要事項をご記入頂きます。
    医療光脱毛の仕組みや照射方法、照射前後の注意事項や料金をドクターからご説明致します。
    ご不明な点は何でもお尋ね下さい。わかりやすく丁寧にご説明致します。

  3. カウンセリング内容

    カウンセリング内容にご納得頂けましたら、注意事項説明書を兼ねた誓約書にご署名頂き、施術費用をお支払い頂きます。セットプランをご希望の場合は初回にセット料金を、1回毎の施術をご希望の場合は、その都度お支払い頂きます。
    お支払いは、現金または各種クレジットカードがご利用頂けます。

  4. 施術機器の説明

    施術機器の説明及び施術を受ける際の注意点などをご説明させて頂きます(初回のみ)。
    医療光脱毛ではパワーの強い脱毛機器を使用しますので、安全に施術を受けて頂くためにも、施術中の注意事項等を事前にご説明させて頂きます。

  5. テスト照射を実施

    テスト照射を実施します。光脱毛に対する肌の反応は個人差があります。
    その為、目立たない部位に照射して皮膚の反応を確かめます。パワーが弱すぎると脱毛効果が発揮されず、強すぎると肌を傷めてしまうため、大変重要です。

  6. テスト照射後

    テスト照射後、パワー判定までの間に剃毛など事前に必要な処置を行います。
    施術初回は毛質を見たいので毛を剃らずにそのままお越し下さい。
    施術希望部位がヒゲの場合は前日に剃って頂いて構いません。
    2回目以降の施術の際は、前日に剃毛してからお越し下さい。

  7. 皮膚の反応

    皮膚の反応を見ながら隙間なく、照射していきます。その際、やけどを防ぐために冷たく冷やしたジェルを塗ります。1回目の照射の場合、反応する毛が多いため、輪ゴムで弾かれたような痛みを感じる方もいらっしゃいますが、回数を経るに従って減毛していきますので痛みを感じなくなります。 照射時間は、場所によって差はありますが、わきで10分程度、前腕で40分程度です。

  8. 施術終了

    飛び出した毛を拭き取り、炎症止めのクリームを塗って施術終了です。次回の予約確認を行ってお帰り下さい。レーザー脱毛での効果的な施術間隔は、顔は1カ月おき、その他の部位は2カ月おきが目安となります。 施術後に何か心配な事がありましたら、当院診察時間内にお越し頂くか、お電話にてご相談下さい。

脱毛の豆知識

毛周期とは~痛みが無く、短い施術時間~

医療脱毛で高い脱毛効果を得るには複数回の照射が必要な理由

体毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあり、一定の周期で常に生え変わっています。
毛周期は成長期・退行期・休止期に分けられ、レーザー脱毛やフラッシュランプ脱毛は、毛の毛根に毛が存在しない休止期の毛根には効果的がありません。ですから、初回の脱毛を受けた後は、休止期にあった体毛が成長期になるのを待って、2回目の脱毛を行わなければなりません。
毛周期は、人種、性別、年齢、部位によって数カ月から数年と大きな差があるため、脱毛間隔の目安は、休止期の毛が発毛し、毛がやや太くなる約2カ月になります。
半分の一カ月間隔で照射した場合はどうなるのでしょうか?
脱毛後一カ月というと、まだまだ生えてきた毛も細く、毛根のメラニン量も少ないため、脱毛の効果はどうしても少なくなります。永久脱毛を希望される場合は、場合によっては2カ月以上間隔をあけて、毛が太くなるのを待っていただいた方がいい場合もあります。

一般に「永久脱毛」と呼ばれているのは三つ 1. 医療用高出力フラッシュランプ脱毛 2.医療レーザー脱毛 3.針脱毛

良く言われる永久脱毛とは、ツルツルな状態をいうのではなく、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)がさだめる、永久脱毛の定義は、『最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』となっています。現在の医療脱毛は5回程度の照射を行えば、もっと高い減毛率を長期間維持できます。
医療脱毛であれば軟毛(うぶ毛)にも効果的なため、現在では針脱毛のメリットはほとんどないと考えられます。もちろん減毛率や確実性では、レーザー脱毛より針脱毛の方が少し上です。
しかしながら、針脱毛はレーザー脱毛や医療用フラッシュランプ(光脱毛)よりはるかに痛みが強く、時間がかかり、料金面でもかなりの高額となってしまいます。デメリットの方が大きいとおもいます。

  • 光脱毛

    フラッシュランプ脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛と呼ばれることもあります。原理は、さまざまな波長の光から、フィルターを通すことで脱毛効果が有る波長の光のみを抽出し照射することで、毛根・毛包に作用させます。
    エステティックサロンで最も使われているタイプですが、法律で出力が低く抑えられているため、うぶ毛や軟毛の毛根を破壊するのは無理で、永久脱毛は困難です。当院で導入しているprowave770は医療機関専用高出力光脱毛機であり、スイッチの選択で、フィルターを使うことなくアレキサンドライトやダイオードと同じ波長の光を照射するため効果が高く、レーザー脱毛と同等の永久脱毛効果が得られます。
    レーザー脱毛と違い、フォトフェイシャル(IPL)と同じ波長の光も同時にあてるため、肌のくすみも同時に改善 させることができます。

  • レーザー脱毛

    メラニンに良く吸収される波長のレーザーを用い、脱毛をおこなう方法です。メラニンは、肌の表皮以外では、毛の毛根、毛乳頭に多く存在し、レーザーを当てるとメラニンにそのエネルギーが吸収され、特にメラニンが多い毛根が燃焼し、変性することによって永久脱毛を期待できる方法です 。

    [ルビーレーザー]
    毛根よりも、表皮のメラニンに強く反応してしまうため、日本では主流にはなりませんでした。
    [アレキサンドライトレーザー]
    あざの治療機として導入されましたが、脱毛にも効果があると認められ、日本で良くつかられているレーザーです。やけどを防ぐための冷却装置は本体には組み込まれていません。
    [ダイオードレーザー]
    日本で最も良く使われているレーザーです。 特に男性のヒゲに対する治療効果が高く認められています。
  • 針脱毛

    毛穴にひとつ一つ丁寧に電気針を刺して電流を流し、毛の毛根を焼いてしまう方法です。
    しかし一回治療あたりの時間がかなり必要なこと、痛みがとても強いことから、レーザー脱毛医療機の普及以降、医療機関ではほとんどがレーザー脱毛や光脱毛に移行しました。
    医療機関で現在でも針脱毛が行われているのは、逆まつ毛治療など、ごくわずかになっています。

毛の自己処理の際の問題点

、御自宅では、毛抜き,クリーム,ワックスやテープ,家庭用電気(レーザー)機,カミソリやシェーバー,脱色剤など、人それぞれのムダ毛の処理方法は違います。

1毛嚢炎
毛抜きやカミソリでムダ毛処理した後に、毛穴から細菌が入って毛穴の中の毛根に炎症を起こす皮膚の症状です。ひどい場合は化膿して色素沈着として跡に残る場合があります。この毛膿炎は不衛生的な環境でムダ毛処理した場合や、無理なムダ毛処理した場合に発生しやすいです。剃る際は清潔を心がけ、深剃りしないようにする必要があります。
2埋没毛
剃刀で剃る習慣の人でも、たまには毛穴の開口部を傷つけてしまうこともあるはずです。
またピンセットなどで引き抜いている人でも深く差し込んで傷つけてしまうこともあるかもしれません。そうすると、傷どうしが癒着して毛穴が塞がってしまうことがあります。
塞がれた天井を突き破れずに、成長してきた毛は毛包の中でトグロを巻くしかないのです
そういった状態を埋没毛といいます。数が少なければ、清潔な針を用いて埋没毛を取り出せますが、範囲が広い場合は、治療も兼ねて医療脱毛を行うのも良いと思います。
3色素沈着
脱色剤による肌荒れ、毛嚢炎や、埋没毛を繰り返すと感染がおこったり、色素沈着が残る場合があります。通常、色素沈着が生じても数カ月で改善するのですが、色素沈着の状態や体質によっては、半永久的に残ることがあります。特に脱色剤は、肌に対する刺激が強いため、極力利用しない方がいいです。

アクセス

心斎橋コムロ美容外科について

常に新しい美容皮膚科の機器も取り入れつつも、美容外科技術とセンスを磨き、皆様に 喜んでいただける美容医療の提供を目指しています。

  • 丁寧なカウンセリング
  • 丁寧な手術
  • 丁寧なアフターフォロー

クリニック名:心斎橋コムロ美容外科
電話:0120-566-495
住所:〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
受付時間:9:00~19:00 (年中無休)

心斎橋コムロ美容外科院長

池内 秀行

日本美容外科学会会員
麻酔標榜医
日本麻酔学会会員

高度な美容医療技術を幅広く提供し、数多くの実績を残している。症例数はコムロ美容外科内においてもトップクラス。 施術の丁寧さはもちろんのこと、痛みを極力抑えた”安心できる施術”をこころがけている。親しみやすく温厚な人柄で、「何でも相談できる」とお客様からの信頼も厚い。お客様本位の姿勢でカウンセリングから施術、アフターケアまで携わっている。

経歴

平成8年 神戸大学医学部卒業
平成8年~ 神戸大学医学部付属病院麻酔科入局
平成9年~ 兵庫県立こども病院麻酔科入局
平成12年~ 大手美容外科 入局
平成13年~ コムロ美容外科入職
平成17年3月 コムロ美容外科大阪院院長就任
平成18年4月 心斎橋コムロ美容外科院長就任

地図
大きい地図で見る

地下鉄御堂筋線心斎橋駅下車し、2番改札を出ます。
クリスタ長堀(地下ショッピング街)の南12番出口という階段で地上にあがります。
※改札を出てすぐ地上に上がると反対側の道路に出てしまうのでご注意ください。
女性ブランドCHANEL(シャネル)が1Fにはいったルフレ21ビルの8Fです。