おでこに丸みを持たせるアクアリフト|心斎橋コムロ美容外科クリニック

06-6700-1112 受付時間:13:00~17:00 日曜・祝日休診 オンライン予約

フェイスライン・あご・小顔・輪郭・おでこ

前額(おでこ)形成で若々しい印象に

日本人のおでこは欧米人と比較して平坦なことが多く、のっぺりとした印象が出やすいのが特徴です。
平坦なおでこに丸みを出すことで、若々しく明るい印象に代わることができます。

昔は頭の髪の毛の中を切開して骨セメントを骨膜下に入れる外科的な手術しかありませんでしたが、最近では、ヒアルロン酸などのフィラーを使っての手術が、手軽さもあいまって増えてきています。永久性といった点では見劣りしますが、注入量、注入回数を多くすれば効果が見劣りすることはありません。
永久的な効果が希望の場合でも、まずシュミレーション目的に、アクアリフトをお勧めしています。

前額(おでこ)形成はこのような方に向いています

  • 1.おでこに丸みをだしたい
  • 2.おでこの凹凸を改善したい
  • 3.眉上の凹みを改善したい

当院の前額形成(アクアリフト)の特徴

1.低価格での施術が可能 アクアリフト10ccで12万円(税別)
他のクリニックではヒアルロン酸1ccで10万円、骨セメントで100万円を超えることが多いようです。当院では、前額形成の際、アクアリフト10ccで12万円(税別)で行っています。分割注入する場合でも追加費用はいただいておりません。
2.アクアリフトを無理せず、回数を分けて注入できます。
前額の皮膚は、やや厚みがあり伸びが悪いため、一度にたくさんに注入すると眼窩のほうに流れて、痛みがでたり目が開けづらいなどの副作用が出やすくなります。
そこで当院では、アクアリフトの注入に関してはボトルキープ制を採用し、ご購入いただいたアクアリフトを数回に分けて注入させていただいています。前額に関しては1回あたり3~5ccが目安になります。
3.内出血しにくい鈍針、カニューラ針を採用
前額はやや太い血管が走行していて、通常の針を使用すると高い確率で内出血を生じさせてしまいます。当院では、血管を傷つけにくい、カニューラ針を採用。通常の針よりも長く、少ない針孔から注入することができます。前額の場合には、4~6か所の針孔でOK。
傷の治り方は通常の針孔と変わりません。
4.より痛みを少なく より安全に
前額はやや知覚が鋭いため局所麻酔の際にも痛みを指摘される方がおられます。もっと痛みを少なくしたいというご要望に対して当院では、吸入麻酔をお勧めします。
数分間、全身麻酔にかかっている間に局所麻酔が終わるため、痛みを極端に少なくすることが可能になりました。
アクアリフトのメリットとして、生理食塩水で溶かすことができるというメリットがあります。アクアリフトの量や形をあとから修正できるため、安心して手術を受けていただくことができます。
◆前額形成(おでこに丸みをもたせる)術アクアリフトと他の注入物との比較
1 ヒアルロン酸 比較的安価、ヒロラーゼ注射で溶解させることが可能。
ただし、SUBQなどを使うと、しこり形成しやすく、凹凸を作りやすい。
2.レディエッセ 骨までの距離が近い前額に使用した場合、残存率が高くになり持続期間が長くなる。
溶解させることができない。単価が高く、あまり注入できない。
3.脂肪注入 比較的多く注入が可能。デメリットとしては、手術時間が長い。
前額に関しては、定着率が低く30%程度にとどまる。

治療の流れ

1. カウンセリング
患者様の前額の希望についてお聞きし、合計注入量や注入部位を決定します。1回目は3~5ccくらいが目安になります。
2. デザイン
前額へのアクアリフトの注入は複数回に分けて注入しますが、1回目は眉上、眉間周辺などの陥凹部、2回目は前額中央部、3回目以降は毛髪生え際に注入するようにデザインします。
3. 麻酔
針孔になる部分と、注入範囲全体に局所麻酔を散布します。痛みをできるだけ少なくしたい場合には、吸入麻酔が可能です
4. 手術
アクアリフトを注入する際、内出血の可能性をできるだけ抑えるために、当院では先端が丸いカニューラという鈍針を使用しています。
必要に応じて、注入途中でベッドを起こして鏡での自己確認を行います。マッサージや追加注入で形を整えて手術は終了です。針孔からアクアリフトが逆流してくるようであれば、無色透明な細い糸で針穴を閉じてしまいます。
5. 術後
通常1週間後に検診を行い、必要あれば抜糸を行います。次の注入は、最短1週間間隔を開ければ可能です。
まとめ
セメントやシリコンインプラントを使う難易度の高い手術と違い、アクアリフトなら簡単に、短時間、安全にオデコを作ることができます。いざとなったら溶かすこともできるので、安心ですよね。
他院でヒアルロン酸を使って前額形成を行おうとすると、同じ予算であれば1~2ccしか注入できませんが、それでは眉上の凹みを少し埋める程度のことしかできません。アクアリフトが10ccもあれば、憧れの丸いおでこに近づけることができます。
症例
注入箇所のデザイン

注入箇所のデザイン
患者様の前額の希望についてお聞きし、合計注入量や注入部位を決定します。1回目は3~5ccくらいが目安になります。

注入箇所縫合後

注入箇所縫合後
前額の場合には、4~6か所の針孔でOK。 傷の治り方は通常の針孔と変わりません







page top

オンライン予約

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
最寄駅 地下鉄 御堂筋線 心斎橋駅下車

お得なキャンペーン
Copyrightc Komuro clinic. All Rights Reserved.