注射で小顔に!エラボトックス注射|美容整形・美容皮膚科のことなら心斎橋コムロ美容外科クリニック

06-6700-1112 受付時間:13:00~17:00 日曜・祝日休診 オンライン予約

フェイスライン・あご・小顔・輪郭・おでこ

エラボトックス注射

エラボトックス注射(プチ小顔術)の特徴

エラが張っている原因には、骨そのものが突き出ている場合と、筋肉が必要以上に発達している場合があります。グッと奥歯を噛み締めたときに耳の下にふくらみが出るなら、奥歯を噛み締める咬筋が発達し過ぎてエラが張っている証拠。このタイプの“エラ張り顔”を改善するのに最適なのが、『エラボトックス注射(プチ小顔術)』です。

ボトックスはボツリヌスA毒素が主成分で、筋肉内に注射すると、筋肉を動かす神経を麻痺させることによって、筋肉自体を動かなくしてしまいます。歯をかみしめても、咬筋の力こぶが出なくなるのは、2~3日後です。しかしながら、しわ取りのボトックス数カ月前後で効果が切れるのに対して、えらのボトックス注射の優れている点は、数回注射を繰り返すことによって、えらが細くなる効果が半永久的に続くことです。

筋肉は使わないと萎縮して細くなる性質があります。それを、廃用性委縮と言います。ボトックスによって数ヶ月間、筋肉が動かない状態になるため、注射された部分の咬筋は痩せてきます。数ヶ月たってボトックスが切れると、咬筋の力こぶは再度現れますが、以前よりもえらは細くなっています。それを、数回繰り返すことによって、ボトックスの効果が切れた後も、依然と比べて細くなった状態が長期間期待できます。

治療のながれ
  • 1.注射前にできるだけ痛みを取り除くために、えらの部分に麻酔クリームを塗ります。
  • 2.サインペンで、咬筋の力こぶのできる部分にマーキングします。
  • 3.30Gの細い針で局所麻酔を混ぜたボトックスを注射します。時間は、5分もかかりません。
  • メイクは、2時間後から可能です。当日は、激しい運動や、アルコールは控えてください。
当院のこだわり

筋肉がどこまでブロックされるかは、ボトックスの量や、種類によります。クリニックによっては、量が少ないためえらの咬筋が完全にはブロックされず、廃用性委縮の効果があまり出ない場合もあります。
他院にて、ボトックス治療を考えている場合には、注入量やボツリヌス毒素A の種類を問い合わせしてみてください。 当院では、左右に各40~50単位 計80~100単位使用しています。

また、当院で治療された方で左右で効果の差が出た場合、追加注入を行う場合があります。その際のご費用は、無料です。

良くある質問
Q. ボトックス注射の際、痛かったり、脹れたりしませんか?
A. 極細の針を使うのと、麻酔を使うため痛みはほとんどありません。内出血を避けるために、当日は激しい運動や、アルコールなど血行が良くなることは控えてください。
Q. えらの咬筋に注射して副作用はないですか?
A. 咬筋とは、下あごを動かす筋肉で、“こめかみ“から、えらの部分まで幅数センチの幅で存在します。ボトックスでブロックするのは、えら付近の一部の筋肉のみで、口の開け閉めに一切影響出ることはありません。
Q. 咬筋の力こぶがあまりできませんが、エラは張っています。ボトックスの効果はありますか?
A. ボトックスは、あくまで筋肉の萎縮を期待した治療です。筋肉があまりなければ十分な効果が出ない可能性があります。

page top

オンライン予約

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
最寄駅 地下鉄 御堂筋線 心斎橋駅下車

Copyrightc Komuro clinic. All Rights Reserved.